カリモク60特集|ブランドと歴史



  • 送料無料

ブランドで探す

カリモク60
マルニ60
アクメファニチャー
ジャーナルスタンダード
ファニチャー
マルニコレクション
杉山製作所
広松木工
karf
SIEVE
クロッケン

全ブランド一覧へ

店舗オフィスなどコントラクトユースのお問合せ・お見積もりのご相談はこちら

ピックアップ

  • ヴィンテージ家具コレクション
  • クワトロチョイス
  • アウトレット

ポイントイベント

  • 新規会員500ポイント
  • レビュー投稿500ポイント
  • お部屋チラミセ1000ポイント

SNS

  • facebook
  • LINE
  • Instagram
  • Twitter
いらっしゃいませ ゲストさん

HOME > 特集 > カリモク60特集|ブランドと歴史

サイトーウッド社コースタープレゼント


カリモク60について

カリモク60

カリモク60ーそもそも何て呼ぶのか?
よく、カリモク ロクジュウとか、カリモク ロクゼロなどと呼ばれたり、
カリモ ナナロクゼロっていう呼ばれ方をしたこともあるとか。
おおー!そういわれてロゴを見てみると・・・確かに[ク]が[7]にみえます!
ですが、どれも違います。

正しくは、『カリモクロクマル』といいます。かっこいいですね。
では、よく聞くカリモク家具とどう違うの?カリモク60って、カリモクの何??
簡単に説明しますと、
「カリモク」は国内大手の老舗家具メーカー「カリモク家具株式会社」のこと。
そのカリモク家具が”ロングライフデザイン”をコンセプトに掲げ、
2002年に立ち上げたブランドのひとつが「カリモク60」です。
(その他にもカリモク家具では「domani」「KITONO」「カリモクニュースタンダード」などの
ブランドも展開しています。)

”60”ってなんの数字?昔から実家にあるソファとよく似てるけど関係ある?
それでは、カリモク60が生まれた経緯をご説明しましょう。



使うほどに新しく感じる定番。今日よりも明日もっと好きになる家具を

カリモク家具ー
誰もが一度は、耳にしたことがあるのではないでしょうか?1940年愛知県にて誕生した、日本最大級にして歴史のある、日本を代表する老舗家具メーカーです。きっとどこかで、カリモク製の家具をお使いになったことがあると思います。1940年に創業し、ミシンのテーブル、ピアノの鍵盤などを生産してきたカリモク家具『刈谷木材』は、アメリカ向け家具の木肘などパーツ生産経て、輸出用に本格的に洋風家具の生産を開始。そのノウハウを生かして、国内向けの自社製品として現在のKチェアの原型となる『国産家具第一号』のチェアを生み出します。1962年のKチェア誕生後、リビングテーブル、カフェチェア、ロービーチェア&オットマンと次々と新しい家具たちが世に送り出され、カリモクの商品が日本国中に広まっていきました。

カリモク60
当時のカタログより
カリモク60
お客様宅でお目にかかった肘掛椅子とテーブル。
まさにカタログのまま。

60年代といえば、『マーケティング』という概念が今のように浸透しておらず、カリモクをはじめ、日本のメーカーは消費者のニーズよりも自分たちが作り提案したい『世界に通用するスタンダード』情熱をもって作っていた時代。
Kチェアをはじめ、このころに誕生した多くの製品は、シンプルで品質がよく、普遍的なデザインのものが多くありましたが、時代がめまぐるしく変化していく中で、消費の多様化により次々と『新商品』が生み出され、その多くのものが廃盤となっていきました。2002年、日本を作ってきたそんな素晴らしい商品たちの[普遍的な価値]を再認識し、ロングライフデザインとして育成していこうというあるプロジェクトが、日本を代表するデザイナーでプロデューサーナガオカケンメイ氏の発案によってスタートします。
日本の本物
を作った企業だけが集まれる仕組みー
『60VISIONロクマルビジョン』です。

そのなかで、ナガオカケンメイ氏がまず最初に目を付けたのが、カリモクが生んだ『Kチェア』。
カリモク60ブランドとして当時のデザインそのままに復刻されました。『カリモク60シリーズ』の誕生です。


カリモク60
Kチェア発売当時のブランドロゴ。
1987年まで使われていました。
新鮮ささえ感じるなんとも愛嬌のある字体がたまらなくいい。
その後、ローマ字の「karimoku」、そして「カリモク60」
ブランドでの表記へとなります。
カリモク60
1987年まで採用されていたロゴ。
50周年記念モデルとして数量限定で復刻。

変わらないデザイン進化した座り心地

日本のロングライフブランド『カリモク60』の証。
『カリモク60』ブランドのすべてのアイテムには、シリーズごとに下記の様なアクリル製ブランドプレートが、ひとつひとつ職人の手で取り付けられています。

カリモク60
カリモク60

カリモク60
(カリモクロクマル)


スタンダードな黒色アクリルプレート。Kチェアをはじめとした60年代に生まれたロングライフなアイテムに取り付けられています。

カリモク60+

カリモク60+
(カリモクロクマルプラス)


『カリモク60』ブランドをベースに、先人のデザイナーのD NAを受け継ぎ、現代生活にマッチする機能性、サイズ性を踏まえて新しくデザインされたアイテム(60ブランド誕生以降に開発されたダイニングテーブルやデスクなど)に取り付けられています。

カリモク60+カリモク

カリモク60+カリモク
(カリモクロクマルプラスカリモク)


ロングライフデザインの『カリモク60』をベースに、現在の『カリモク』の持つ技術や価値観をプラスしたアイテムに取り付けられています。(新しい素材がオーバーラップされた限定Kチェアなど)
※「カリモク60」とのダブルプレート仕様

50周年記念モデル限定復刻プレート

50周年記念モデル限定復刻プレート

1962年Kチェア発売当時から1987年まで採用されていたデザインで「カリモクFURNITURE」と記されています。 当時のKチェアには、このデザインのシールが貼られていたのですが、Kチェア誕生50周年記念(2012年)にあたって、 同時期に存在していた金属プレートで復刻した限定プレートです。

エリアリミテッド限定

エリアリミテッド限定

全国各エリアのカリモク60正規販売店から個性あふれるKチェアを数量限定発売した「エリアリミテッド」企画。 そのエリアリミテッドKチェアには各店舗のオリジナルプレートが取り付けられました。(BRIEFING DESIGN Inc.は当店運営会社の名称です)
※「カリモク60」とのダブルプレート仕様

カリモクの歴史

  • 1960年
  • いよいよ高度成長期。
    ステレオキャビネットや白黒テレビキャビネットの木部を手掛ける
  • 1962年
  • ピアノ鍵盤とアクションの製造を開始。
    カリモクの技術革新の時代。ミリ単位の勝負からミクロの戦いへ。
  • 1962年
  • 「今こそカリモクとしてのブランドを持ちたい」
    ついに自社製品として家具の生産を開始する。
    カリモク60Kチェアの原型モデル誕生
  • 1963年
  • カリモク60リビングテーブルの原型モデル誕生
  • 1963年
  • カリモク家具販売株式会社を設立
  • 1967年
  • カリモク60カフェチェアの原型モデル誕生
  • 1968年
  • カリモク60ロビーチェアとオットマンの原型モデル誕生
  • 1969年
  • カリモク60スリーピングソファの原型モデル誕生
  • 1970年
  • カリモク60Dチェアの原型モデル誕生
  • 1973年
  • カリモク60Dチェアの原型モデル廃番
  • 1973年
  • カリモク60リビングテーブルの原型モデル廃番
  • 1972年
  • カリモク60サイドボードの原型モデル誕生
  • 1979年
  • カリモク60サイドボードの原型モデル廃番
  • 1993年
  • カリモク60カフェチェアの原型モデル廃番
  • 2002年
  • 1960年代に生まれた家具の中から普遍性あるデザインを選び抜き
    「カリモク60」ブランドとして再編集

『普遍的な価値』とは一体何か。
−あらゆるものに当てはまること。通じること。つまり、時代が変わり、流行が変わっても、テイストがヴィンテージ・レトロ・モダン、北欧・アジアン・ナチュラル系と様々であっても、昔からそこにあったかのようにしっくりと馴染んでしまうすごさ。それがまさにカリモク60のいう『普遍的な価値』です。

長い年月を経てもなお、愛され続ける優れたデザインというものは、『シンプルでいて実用的』これに尽きるのかもしれません。そこにプラスずっと使い続けられてきたことにより生まれる雰囲気−オーラが加わり『名品』と呼ばれるものになるのでしょう。

カリモク60

国産家具の確かな品質高いコストパフォーマンス

カリモク60の家具たちは、全て国産熟練された職人さんの手によってつくられています。パーツや張地の切り出しなどの一部作業は、機械が行っていますが、老舗家具メーカーとして培った貴重なノウハウを生かして、木部の加工、塗装、シートのボタン付けから鋲留めまでそれぞれのエキスパートが丁寧に作り出しています。

国産で、職人さんたちが丁寧に仕上げている『安心安全』『確かな品質』のカリモク60シリーズ。さぞお高いだろうと思われるかもしれませんが、実際は、手の届きやすい価格帯。一人暮らしで初めて家具を買う方も、生活スタイルが変わって家具を買い替えたい方にとっても、現実的な価格帯で、これもまたたくさんの方に人気のあるポイントのひとつです。

カリモク60
国産品

また、カリモク60は、すべてが業界最高基準のF☆☆☆☆ (エフフォースター)品質。エフフォースターとは、2003年にシックハウス症候群対策として設けられたもので、カリモク60は、すべての家具の材料に、シックハウス症候群の原因ともいわれるホルムアルデヒドの放出量が最も少ない ことを表すF☆☆☆☆(JIS・JAS規格)の合板・接着剤・塗料などを採用しています。国産である上に、これだけの品質で現実的な価格。高いコストパフォーマンスも大きな魅力のひとつといえます。

カリモク60検査

より永く快適にお使いいただくため、家具の耐久性を確保するために、用途に応じた様々なカリモク独自の厳しい品質検査・試験を行っています。

カリモク60検査   カリモク60検査   カリモク60検査
Kチェア60kg荷重
6万回の耐久試験も実施。
  アームレスダイニングチェア60kg荷重
3万回の繰り返し傾き試験も実施。
  この美しいアームも職人さんの
丁寧な仕事の賜物。

安心の3年保証

熟練された職人さんの手により、丁寧に仕上げられたカリモク60の商品ですが、3年以内の通常使用での不具合には、無償で保証しています。専門技能者による有償の修理対応も行っており、アフターフォローも万全。
また、『ロングライフデザイン』のカリモク60の商品は、ずっと長く愛用していただけるよう、パーツ毎の販売も行っているので、お使いいただく間にシートが破損したり、アームに傷がついたりしても、必要なパーツだけ取り換えることが可能です。

カリモク60パーツ

パーツのご購入はこちら

パーツのご購入はこちら

カリモクでは、素材・構造といった基本品質の作り込みと、検査にも厳重な管理・実施をしておりますが、万一の故障があった際にお客様に安心していただけるよう「3年保証」を設けております。

カリモク60

進化し続ける家具

60年代に誕生し復刻したカリモク60のアイテムたち。そのデザインを受け継ぎ、よりトータルでコーディネートでき、幅広いシーンでお使いいただけるよう、60年代当時にはなかったダイニングテーブルやチェア、TVボードや、デスクな ど新しいアイテムが少しずつ誕生しています。
それが『カリモク60+』(カリモクロクマルプラス)。これからの未来にもずっと永く残していけるロングライフデザインの精神を受け継いだアイテムです。

パーツのご購入はこちら
また、カリモク60は、その人気に甘んじることなく、より良いものになるよう改良が加えられるなど日々進化し続けています。真摯に真面目に家具と向き合うカリモクのこの姿勢、情熱は、Kチェア誕生から50年以上がたった今なお、職人さんたちに受け継がれていています。