一人暮らしにおすすめしたいコンパクトなテーブル&チェア

4月に入り、進学・就職・引越しなど新しい環境で生活をスタートされる方も多いのではないでしょうか?
本日は、一人暮らしのワンルームなどのコンパクトなスペースでも、カフェ空間を演出できるテーブル&チェアをご紹介致します。

20180405a

どこか懐かしさを感じさせる長く使っても飽きのこないフォルムとコンパクトな設計が特徴のマルニ60スクエアテーブル。ノートPCデスクとしても丁度良いサイズ感です。
お一人で食事をされるのはもちろんOKですが、ご夫婦や恋人・仲の良いお友達と一緒にカフェを楽しむのもおすすめ。テーブル天板サイズは60×60cmと距離感が近いので、会話も弾みそう。

2056-00-7677-s-02-dl20180405c

↑こちらの画像のチェアは同ブランドのマルニ60デルタチェア。座面張地は、両面モールスキンのダブルフェイスで、使い込むうちに表面の糸が擦り減ることで裏面の色が現れる性質を持ち、経年変化が楽しめるmina perhonen(ミナペルホネン)のインテリアファブリック「dopタンバリン(表地イエロー/裏地:ブルー)」です。脱着可能なカバーリング仕様となっています。
20180405f

その他にも座面張地はバリエーション豊富にご用意。現代のライフスタイルに適応した素材と配色にもこだわっています。柔らかな手触りが特徴の定番「ビニールレザー(ブラック/ブラウン)」、肌触りのやさしい段モケット「コロニー(イエローグリーン)」、タテ・ヨコに太番手のモール糸でさっくりと織られた「シュプール(ベージュ/オレンジ)」 、使いこんだような風合いの「帆布(ダークグリーン/ライトグレー/マスタード)」、細番手のモール糸を織りまぜた細やかな表情の「サガ(ブルー/オレンジ)」、シンプルな表情ながら奥行を感じさせる美しい張布でテフロン防汚撥水加工が施されている「バリ(ブラック/アイボリー)」などがございます。
デルタチェアは、1961年にファーストモデル発売され、1978年にリモデル、そして2017年にマルニ60のラインナップとして復刻しました。発売開始当時のモデルが「オールドデルタ」とも呼ばれ、ユーズド市場で人気を博すなど、復刻が待ち望まれていた製品です。
マルニ60スクエアテーブルは、デルタチェアの復刻にあたって同時期にてリリースされており相性も抜群です。

20180405b

使い込むほどに味わい深くなるオーク材と、同じく経年変化を楽しめるミナペルホネン張地は一番人気の組み合わせです。
是非、永くご愛用頂きたいアイテムです。

マルニ60商品一覧はこちら

マルニ木工90周年記念モデル「タツノレザー」も好評販売中です。

——————————————–

マルニ60正規取扱店

・felice
姫路市飾磨区構4-48
TEL:079-233-5295

・FELICE.KOBE
神戸市中央区東川崎町1-5-5
神戸煉瓦倉庫HARBOR STORES南棟
TEL:078-362-2710

<feliceオンラインショップ>
https://www.felice-lifedesign.com/
TEL:079-233-2276