マルニコレクション限定モデル・世界90脚限定販売

マルニ木工創立90周年を記念して作られたマルニ60タツノレザーに続き、マルニコレクションからも2脚の限定モデルが登場しました。

 

1脚目は、HIROSHIMA(ヒロシマ)アームチェア。採用されている張地は、1960年代に和歌山県の布産地と出会いオリジナルとして開発された青緑のベルベットです。ビーチの白木と深いベルベットの調和が美しい仕上がりです。長い歴史を支えてきたこの美しいベルベットと、10年前に誕生し新たなマルニ木工を象徴する椅子となったHIROSHIMA(ヒロシマ)の組み合わせは、美しさのみならずマルニ木工のモノづくりに対する姿勢を表現しています。

限定モデル「HIROSHIMA(ヒロシマ)アームチェア」のご購入はこちら

 


もう1脚の限定モデルは、T&O(ティーアンドオー)T1チェアです。
定番T1チェアのスチール部分はアクセントカラー(ブラック・グリーン・レッド)でししたが、90周年記念モデルはシルバー色となっています。木とスチールの異なる素材ながら木質と調和しており、インテリアコーディネートにおいても、高い汎用性があります。

限定モデル「T&O(ティーアンドオー)T1チェア」のご購入はこちら

 

こちらの2脚のチェアは、90周年にちなみ全世界でそれぞれ限定90脚のみ製造されます。(現在、FELICE神戸店に展示がございます)

 

[HIROSHIMA(ヒロシマ)アームチェアについて]
使用シーンを限定せず、あらゆる場所で使えることを想定したシンプルで精緻な構造のアームチェア。
世界的なプロダクトデザイナーの深澤直人によって2008年に生み出されました。
背からアームにかけての緩やかなカーブが美しく、背中へのフィット感も抜群です。また座もゆったりとしており、ダイニングチェアとしてだけではなく、ラウンジチェアとしてもご使用いただけます。
光のあたる部分と影の部分とのコントラストが美しく、椅子としての造形美をより際立たせています。使い心地の良さと精緻な美しさとを感じられる、非常に人気のあるアームチェアです。

[T&O(ティーアンドオー)T1チェアについて]
Tチェアは無垢のメープル材を3次元に削り出した座面と背もたれで出来ていて、弾力性のあるスチールで背と座を繋げることにより快適なすわり心地を実現させています。
背と座をつなぐS字型のスチールは、木との異なる素材感でのコントラストを引き立て、親しみやすさと新鮮さを与えています。
世界的なプロダクトデザイナーのJasper Morrison(ジャスパー・モリソン)によって2016年に生み出されました。