ナチュラステイストのKチェア&オットマン

本日ご紹介するカリモク60Kチェアオットマンの張地は、優しい色合いのミストグレー。昨年の発売開始以来、人気が高まっています。

張地の組成はポリエステル100%ながらも、ウールの素材感を追求し再現した、ふんわり感のある肌触りが特徴です。濃い色と薄い色が混ざった糸で編まれた表情豊かな明るいトーンのミストグレーと、ピュアビーチ色(ブナ材)のフレームが、ナチュラステイストの空間によく合います。

足置きや補助椅子としての役割をもつオットマンも、それ単体でも可愛らしい存在です。

カリモク60Kチェアの張地は、ミストグレーの他にも、現代のライフスタイルに合わせてバリエーション豊富にご用意しています。Kチェア誕生以来から改良を続けながら作られ続けているビニールレザー「スタンダードブラック」は、味わいある独特の艶が特徴。同じビニールレザーでもシルクのプロテイン成分を混合ざせた「スタンダードアイボリー」はさらっとした感覚が味わえます。
布地では、起毛による光の反射によって生まれる独特の光沢が魅力の「モケットグリーン」は2002年のカリモク60ブランド立上げからの定番人気です。ソファや椅子の張地としてポピュラーな平織りの「タープグリーン」と「タープブルー」は縦糸には黒い糸を使用し、横糸には微妙な光沢の入った緑(青)の糸を使用した独特な風合いです。