「照明作家 谷俊幸」新作

「照明作家 谷俊幸」さんの新作が入荷致しました!!

谷さんの作品はどれもそうなのですが、眺めてるのが心地良く感じます。
見てて、飽きない。日本人が無意識の中で感じる好きな要素が詰まってるような。。
眺めてそんな気持ちを与えてくれる作品は中々ありません。

さて、今回の新作は【侖 Ron】

提燈の日本三大産地といわれる水戸の職人の技術と駿河竹千筋細工の技術との融合から
生まれた作品です。

水戸と言えば提燈の日本三大産地。表面には水や汚れを防ぐ加工を施し、ひごにはPET樹脂・でんぷん糊と環境にも良い素材を使用しています。
「Fuji」「Shizuku」もそうですね(^^)

「Sen」でも用いられている、駿河竹千筋細工は細く丸く削られた竹ひごをしなやかに曲げ、竹の輪に組み込んでいく技法。
その”曲げる”醍醐味を省き、”直線”の組み方のみで柔らかさを表現されています。

こちらの作品は、和紙部分の提燈を上下反対にして使用する事もでき、印象も大きく変わります。
ひとつの作品で二つの表情がお楽しみいただけます(^^)

下から見上げた時の表情も吸い込まれていくようです。

この眺めが一番好きかもしれません。。

姫路店で展示しておりますので気になる方は是非ご来店くださいませ。

当店オンラインショップからも詳細をご覧いただけます。