FK60ブログ vl.2

feliceカリモク60マイスター の「FK60ブログ」第2回
F =felice
K =カリモク

シリーズ   【60て??  】
①カリモクの歴史

「カリモクの家具ありますよね?」
そう言って来店くださるお客様がいらっしゃいます。
feliceに来店されるお客様は、皆さん感度が良く、質の良いものを求められています。

「カリモク家具」というと、年配の方には馴染みのある 高級木工家具屋さん。
若い年代の方達の言われる「カリモク家具」は、カリモク60と混同してしまってる部分もあったり。

まず最初に、
feliceに置いてある カリモク は
カリモク60」なんです、
とお伝えします。

そう、カリモク家具 と、カリモク60 て、何が違うの!?
と思いますよね。

ここから、少し堅苦しいかもしれませんが カリモクの歴史の話を、、、

1942年11月 刈谷木工有限会社 設立
太平洋戦争の時期で、軍需品の製造に携わる

1947年2月 刈谷木材工業株式会社 設立
戦後、当時 高級品とされていた足踏みミシンテーブルの製造に携わる

「足踏みミシンテーブル」
このミシンテーブルの製造が当時の技術的にも設備的にも困難を極めたのですが、チャレンジしたのです!

この挑戦をした事によって、現在の家具製造への進展に繋がります。

少しづつ高度な木工加工技術を取得していきながら
1962年  今の カリモク60Kチェア の原型となる 椅子が産声をあげました!

そして、1964年
戦後、日本全体が強いパワーを持って成長していた時代に 「カリモク家具」が誕生したのです。

自分自身でもそうですが、、
新しいこと、新しい道への第1歩 というのは 勇気と決意がとても必要ですよね。

カリモク家具に限らず、他のブランドでも、もちろん挑戦したり転機があったり色んなストーリーがあります。

そんな過程を 家具を見に来店された方へ伝えながら 気に入って生活の一部に取り入れていただく。

ただ、商品の説明をするだけではなく、きちんとブランドストーリーをお話しするのがfeliceの「つくり手の思い」を伝える仕事です。

少し話がズレましたね。

最初に戻ります。
なぜ、「カリモク60
「60」なのか!?

Kチェアの原型が製造されたのが
1962年

そう。
1960年代にスポットが当たっているのです!

ここからは、次回に。。

シリーズ【60て?】
②1960年代の魅力

お楽しみに🎵

feliceカリモク60マイスターM子