カリモク60マイスターへの旅

先日、正式に カリモク60マイスターに承認されました feliceカリモク60マイスターM子です!

実は、筆記試験、実技試験に合格した後は、愛知県のカリモク工場の見学をして、やっと カリモク60マイスター としての資格がもらえるのです!

ショップの定休日を利用し、

愛されキャラだけれど決める時にはキメる マイスターUJ

feliceの頼れるお兄さん マイスターTK

下っ端マイスターM子
の 3人で いざ!愛知県へ!!

カリモク工場は、愛知県知多郡にあります。

とにかく 全ての工程において 手間がかかりすぎている!と言うくらい丁寧で、作業している職人さんは真剣そのもの。。

色んな工程を見学させていただきましたが、今回は アーム作成の工程の話しを。

厳選された板材を、しっかり乾燥させてから、家具としての木材として使用できるようになります。

カリモク60の家具は、職人さんがしっかりと作ってはいるのですが、
カリモク工場では、機械と手作業を うまく使い分けられていました。

まずは、機械で削り出し、機械ではできない面取りや、研磨作業は、職人さんが手作業で行う。

人の手ではできない、正確さとスピーディーさは 機械にまかせて。

機械ではできない、木それぞれの特性を見ながらの作業は 人の手で。

効率よく、完璧に仕上げるための最前の進め方でした。

機械の進歩も目覚しく、必要な工程のところに的確な機械が用意されています。

ただ、作業の間や、最終段階で 人の目・人の手 が加わることで、カリモク60の商品の 目には見えないあたたかさ が、入っているのだと改めて感じました。

各工程で、その工程のプロが作業をし、何人もの職人さんによって 完成されていくのです。

私達スタッフは、普段、出来上がった商品しか見ることはありません。

カリモク60の家具、全て。
完成するまでに何人もの人の思いが詰まっています。

それを 生で拝見できたことで、商品の良さはもちろん、そこまでのプロセスを もっともっと皆さんにお伝えして、

カリモク60のを色んな角度から好きになっていただく お手伝いをしていきたい!!
と 強く思った 今回の工場見学でした。

さて、次は、、
feliceカリモクマイスターUJの 工場見学レポ になります!

どんな内容になるでしょうー
お楽しみに!!