アラジンストーブ入荷いたしました!

姫路にあるインテリアショップのFELICEです!

今回、数量限定でアラジンストーブが入荷致しました!

アラジンストーブの歴史は1930年代までさかのぼります。

イギリスにてブルーフレーム石油ストーブの研究開発に着手され、アラジンブルーフレームの原型が完成されました。

そこから約80年以上、少しずつ改良を加えながらも作り続けられた伝統あるデザイン。 シンプルに良いものは時代が変わっても受け継がれていくんだなと感じます。

さて、アラジンブルーフレームがこれほどまで人々を魅了するのは何なのか?

まず、思うのは目の前に広がる青い炎ではないでしょうか。

見ていると心が落ち着くような。なんとも言えない感じ。 そこに暖かさも加わり、癒しをもたらしてくれます。

そして点火時と同時にブルーの炎で燃焼するため、未燃焼ガスの発生が起こりにくく、においを抑えた 心地良さがあります。

その他、対震自動消火装置も付いています。

この対震自動消火装置は、セットレバーとしんを上げるだけでセットされるしん降下式。 これは内蔵の感震器が敏感に所定の地震動をキャッチするシステムで、消火は瞬時に行われます。

震度5のほぼ中間で作動するように設定されており、急な地震の際でも安心してご利用頂けます。

※但し、石油機器の受ける震度により、その数値は多少変動します。

使用する上での安心感も大事ですよね。

最後にデザインの完成度。シンプルでどこか懐かしさも感じさせるデザインは 和室や洋室など、どこに置いても違和感を感じさせません。

自然と空間に馴染むからこそ、多くの人に選ばれてきたのではないかと個人的に思います。

他の家電と違って、暖を取るのにひと手間掛かります。手入れも必要です。 ですが、その費やす時間も醍醐味として感じて頂きたいです。