カリモク60新作展示会-2-

本日は前回のブログに続き、カリモク60新作アイテムのご紹介。
まずは、ロビーチェア・オットマン張地のラインナップリニューアルについて。
「ミストグレー」の後継(定番Kチェアやパターンオーダーとしては継続してます)として、限定Kチェア樽ものがたりで採用されている「ベスパダークブラウン」の色違い『ベスパグレー』が、 「スタンダードキャメル」の後継としては、既にTチェアやDチェアの張地としても採用されている『リーベルブラウン』が新たにロビーチェア・オットマンの張地に加わりました。

『ベスパグレー』は、少し濃いめのグレーを基調として、ベージュやチャコールなど複数色の糸を混ぜて織られているミックス調の平織りです。 ナチュラルで明るい印象だった「ミストグレー」と比べると、『ベスパグレー』は深みのある落ち着いた雰囲気。年齢や性別問わず人気が出そうです。 また、ナチュラル系や濃いブラウン系どちらのフローリングにも合わせやすく、コーディネートの幅がさらに広がりそうです。

「スタンダードキャメル」に比べ、少し深みのあるブラウンの『リーベルブラウン』は、本革を思わせる風合いが魅力です。

そして、Kチェアで食事できるように高さ600mmにデザインされた『LDテーブル』。高さ以外は2本脚仕様のダイニングテーブルT1300と同じデザインです。 ダイニングテーブルT同様に、脚位置は左右とも3段階(最大9パターンの組合せ)の設定が可能です。

既存のLDスタイルのチェアとして人気のDチェアですが、Kチェアより若干座面が高い設定なので、 LDテーブルとDチェアを組み合わせた場合、男性や背の高い方(足の長い方)だと、天板下と太ももの間が少し窮屈に感じられるかも。 ほんの僅かな違いなのですが、やはりDチェアにはDテーブル(高さ620mm)がおすすめかもしれません。


次回はローボード1500専用「仕切りパーツ」や新サイズ「ローボード1200」、新たなラインナップでバリエーションが増えた「クッション」についてご紹介いたします。

カリモク60新作一覧はこちら