フレンチモダンで快適テレワーク

ウィズコロナにより社会的に定着しつつある在宅勤務。

本日は、そのテレワークスペースをより快適にする「ピエール・ポラン」デザインのデスクシリーズをご紹介します。

ピエール・ポランが1950年代に手掛けたミニマルデザインのフレンチモダンファニチャーシリーズです。

1960年代を象徴する有機的なデザインとは異なり、初期作品にみられる直線を基調としたミニマルなデザインと、機能性を追求したフォルムが特徴。

傷がつきにくいマットな質感の天板、設置場所を選ばない背面仕上げ、強度とデザインを両立させた安定感のあるスチール製の脚など、無駄を排除しディティールにこだわったシンプルな構造で、どこから見ても美しいデスクに仕上がっています。 デスクトップパソコンも悠々と置くことができる奥行き。

深さの異なる2段の引出しは、A3サイズが入る大きさで十分な収納力があり、デスク上をすっきりと保つことができます。

天板サイズは幅1300 奥行610mm。デスクトップパソコンも置くことができます。
深さの異なる2段の引出しは、A3サイズが入る大きさで十分な収納力。
引き出しはオーク(左)とチーク(右)の2色展開
天板/フレームはブラック(左)とホワイト(右)の2色展開です。

11月1日~30日まで強化月間として、ピエールポラン家具のうち、いずれを購入しても送料無料。さらにデスク・サイドボードについては、開梱設置サービス込みで送料無料となります。

また、期間中「デスクorサイドボード」と「チェアorドロワーテーブル」をまとめ買いして頂きますと、合計金額から5,000円割引いたします。

これを機会に是非、フレンチモダンの定番でテレワーク空間をお楽しみください。

ピエール・ポランシリーズのご購入はこちら