本格派ミッドセンチュリーデザイン・フレームチェア

カリモク60フレームチェア

オリジナルの正確な発売開始時期は不明ですが、カリモクがKチェア発売以前(1962年より以前)にアメリカへの輸出用として生産していたものを後に日本向けに発売した椅子です。
アメリカから指定のデザインを商品化しており、本格派ミッドセンチュリーといえるデザインです。

2011年にカリモク60ブランドとして復刻しました。

背もたれは表裏両面が使用できるので、定期的に裏返すことで耐久性があがります。

より耐久性が求められる座面シートは、高密度ウレタンをソフトウレタンではさ んだ三層構造になっています。

座面クッション下のフレームには、カリモク60ダイニングチェアでお馴染みの「布バネ(ポリエステルメッシュ)」を採用。
適度なクッション性、身体への高いフィット感があります。 金属バネを使用しないため大幅な軽量化を実現しています。 ウレタンとのダブルクッションで、掛け心地にも定評がある アイテムです。

アームは身体にフィットするよう緻密に3次元加工さ れています。

また、間仕切り的に設置した際は、背も たれ裏のラダーデザインが空間にアクセントをつけて くれます。

カリモク60のリビングソファと言えば、Kチェアロビーチェアの認知度の方が高いですが、細部の仕上げにこだわったフレームチェアは、発売開始当時のデザイナーなどプロからの評価が高いものでした。

カリモクが椅子作りに取組み始めた頃の商品を再度世に送り出したいという想いで復 刻させましたフレームチェアをぜひ体感してください。

カリモク60フレームチェア商品一覧はこちら