無垢材のお手入れについて

無垢材で作られた家具において、素材の良さを活かしたオイル仕上げをお選び頂くことが非常に多いFELICE。

(オイル仕上げの家具とは、表面に保護被膜としてオイルを塗って仕上げた商品のことです。)

木が持つそれぞれの表情は全て異なり、一つとして同じものがない個性がより私たちを魅了します。

.

表面に現れる節や色ムラをあえて選びたい、と言われることも多く、私たち人間のほくろやエクボと同じ、無垢材のチャームポイントを良いとおっしゃっていただくと、とても嬉しい気持ちになります。

.

オイル仕上げの無垢材は木肌をウレタン等で塞いでいませんので、本来の肌触りや質感を残し、時間の経過とともに色味に変化が生まれ、使い込むほどに深みが増すのも特徴。

.

生活の傷がつくこともございますが、その変化と同じぐらい手になじみ愛着が湧いてきます。ちょっとした傷や汚れはサンディングし、お手入れが出来るのも嬉しいポイント。素材の風合いを活かしながら、多くのメリットを持った仕上げとなります。

そんな無垢材は「木が呼吸する」と言われるほど、室内の湿度を吸ったり吐いたり調湿をしながら日々伸縮を繰り返しています。

.

その際、過度な乾燥や温度差がある場合「反り」や「割れ」につながる可能性も…。以下の点にご注意頂きながら日々接して頂けると、より良い状態が長持ち致します。

.

———————————————————

【ご注意点】

・風が直接当たる冷暖房機の近くや、直射日光があたる場所でのご使用 (急な温湿度の変化により、無垢の乾燥や反り・割れに繋がります。)

・テーブルクロス等のご使用  (木の呼吸を塞ぐことによって塗装面を傷め、変形の原因に繋がります。)

・加熱した調理器具や、氷を入れたグラス類を直接家具の上に置いてのご使用  (焦げ付きや結露による輪ジミに繋がります。ご飲食中のみ、コースターやランチョンマット等のご使用がお勧めです。)

———————————————————

【日常のお手入れについて】

・から拭きか、固く絞った柔らかい布で拭いてください。

・気になる汚れは少量の中性洗剤を混ぜたぬるま湯を布に含ませ、固く絞ってから拭いてください。その後、から拭きで水分を取り除いてください。

———————————————————

【オイルによる定期的なメンテナンスについて】

オイル仕上げの木製家具は、時間の経過とともに人のお肌のように乾燥が進んでいます。

.

メンテナンス専用のオイルで定期的に油分を足し保湿することによって、「反り」や「割れ」を防ぎ、長く良い状態を保って頂けます。

.

乾燥していると、ちょっとした衝撃でも負荷がかかりヒビが入りやすくなることも。衝撃から守るためにも、季節の変わり目などに定期的にオイルでメンテナンスして頂くことが大切です。

———————————————————

【メンテナンスキットのご紹介】

家具全般お手入れ用品ページ

無垢材のお手入れ用品ページ

FELICEでは無垢材だけでなく、ファブリックやレザーのお手入れにも適したメンテナンスキットの取扱いがございます。

.

また、店頭にて税別15万円以上ご成約頂いたお客様へは、FELICEがお勧めするメンテナンスキットを4種類からお一つお選び頂き、プレゼントもさせて頂いております。

.

無垢材を選んで頂くということは、同時に長くお付き合いをするために、お手入れをしながら育てていくということ。

.

一生ものの家具として、人生の相棒として。

自然が育んだ無垢材を、手を掛けて長く大切にお使い頂ければ、これ以上にうれしい事はありません。

.

FELICEではご購入時に、家具のお手入れについてもお伝えをしております。

ご心配点がございましたら、スタッフまでお気軽にお尋ねくださいませ(^^)


■FELICE.HIMEJI
〒670-0974兵庫県姫路市飯田一丁目168
TEL:079-233-5295

■FELICE.KOBE
〒650-0044兵庫県神戸市中央区東川崎町1-5-5 神戸煉瓦倉庫南棟
TEL:078-362-2710

FELICE.ONLINE https://www.felice-lifedesign.com/
FELICE楽天市場店 https://www.rakuten.co.jp/felice-ra/