Kチェアアームトップ仕様変更のご案内

カリモク60Kチェアのウォールナット色塗装とモカブラウン色塗装で使用されているラバートリー材が、 来月8月生産分より、アームトップ部のみ「ラバートリー材」から「ブナ材」へ仕様変更致します。 

なお、樹種は変わりますが、仕上がりの塗装色および価格は変わりません。 アームトップのみの樹種変更で、脚部などは今まで通りラバートリー材のままです。

このラバートリー材については以前のブログでも紹介したことがあるのですが、 樹液を採取する際の傷が「入り皮」になったり、加工のときに狂いやすい材なのです。 また、木目のバラツキや、材色の黒ずみ、節など様々な欠点が現れ、決して家具用材に最適とは言い難い材でもありました。
しかしそのラバートリー材を、カリモク家具の高い加工技術と、整備された資材工場によって、家具用材として使用することができてました。

それでもやはり、Kチェアのこだわりであるアームトップの基準に適さない材料が約1割ほどは、出てしまいます。 またアーム形状に削り出した時点で、中から入り皮やヤニ壺があらわれ、都度 埋木などで修正されてきましたが、 それでも使えない材料も多く、それらのアームパーツは廃棄せざるを得ない状況です。

ラバートリー材は、持続的に採取できることから「環境に優しい木」としても認識されてきており、 このような材を家具に使うことで、CO2排出問題や地球温暖化への貢献にもつながってきました。 なので、結局廃棄されてしまう材が増えてしまうということであれば、ブナ材への変更も仕方ないことなのかもしれません。

私 個人的にもカリモク60の代名詞でもあるラバートリー材のアームトップが、天然木の個体差の理由でなくなるのは少し寂しい気持ちもあるのですが、 材を変更してまで、アームトップの仕上げにこだわるカリモク60のことも、やっぱり大好きです。

ブナ材とラバートリー材の木肌を比較すると、ラバートリー材はもともと毛羽立ちやすい特性があり、 それを抑える努力をしていますが、ブナ材は導管が緻密で、そもそも滑らかです。 そのため、Kチェアの特長であるアームトップの手触りが更に良くなるというメリットもあります。

現時点で現行の「ラバートリー材アームトップ仕様」の在庫も残り少なくなってきております。 変更に伴い8月から生産される新「ブナ材アームトップ仕様」は、生産から上がり次第順次出荷となりますが、 今のところ8月下旬になる見込みです。

FELICEでは、現行の「ラバートリー材アームトップ仕様」の在庫がある限り、 Kチェアご購入の際にお客様に現行仕様か新仕様をお選び頂けるようにしています。 在庫状況や納期に関してご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。 よろしくお願いいたします。

※交換用アームパーツのご購入については、ご希望の樹種(ラバートリー材トップかブナ材トップか)を当店までご相談ください。
※ブラックブラック、ブルーブルー、グリーングリーン、Kチェアミニは今すぐの切替え予定はありません。切替え時期が決まり次第、ご案内します。


現在、FELICE実店舗にて「カリモク60サマーフェア」を開催中!

この機会にぜひご来店下さいませ。

■開催期間
2021年7月22日(木)~8月15日(日)

■開催店舗
FELICE.HIMEJI / FELICE.KOBE

■イベント内容
フェア期間中、店頭でカリモク60アイテムを5万円(税込)以上お買い上げの方に、Dテーブルをかたち取ったミニカッティングボードをプレゼント!

※1組様につき1個までとなります。 ※数量限定になりますので、無くなり次第、終了となります。
※オンラインショップでのご購入は特典対象外となります。