落ち着いた雰囲気が魅力タープブルー


カリモク60Kチェア張地の中では、スタンダードブラックとモケットグリーンに次ぐ人気の「タープブルー」。

縦糸には黒い糸を使用し、横糸には微妙な光沢の入った青の糸を使用することでネイビーのようにも見えますが、 見る角度や光の加減によってはデニム素材やチャコール系、パープル系のカラーにも見える、雰囲気ある張地です。

カリモクニュースタンダードでも採用されており、カリモクニュースタンダードでの張地名称は「ナイトブルー」。 確かにディープな夜を連想させるブルーなので、個人的にはこの名称がしっくりきます。

組成はアクリル79%・ウール21%。ウールが含まれていることで表情豊かな生地に仕上がっています。 極細繊維なので、ウール特有のちくちく感もありません。

また、ウールといえば冬に暖かいイメージもありますが、考えてみるとウールは羊の毛からできている天然素材です。 暖かいだけでは夏場に羊がバテてしまってもおかしくありません。 羊が快適に夏を過ごせるのは、汗が蒸発する際に気化熱を取り除くという特徴がウールにあるためなのです。 なので、冬に暖かいだけでなく、夏に涼しく過ごせる効果も期待できるのです。

是非、カリモク60正規販売店FELICEにてお客様のライフスタイルに合った張地のKチェアをお選び下さい。

カリモク60Kチェア一覧はこちら