カリモク60ロビーチェア


Kチェアと並んでカリモク60の代表アイテム「ロビーチェア」。

Kチェアが誕生してから6年後の1968年に誕生、デザインそのままに幾度となくアップデートを繰り返してきたロングセラーソファです。

そのロビーチェア最大の魅力でもある座り心地の秘密は、カリモク独自の研究の末に開発された「ニューモールドフレックスクッション(モールドウレタン)」にあります。 2007年9月に座面シートをスラブウレタンからモールドウレタンへ仕様変更。それに伴い掛け心地と耐久性をアップ。さらに2015年3月には、このモールドウレタン穴あき仕様から穴なし仕様に変更。これにより、着座時の体圧分散が一点に集中しなくなり、お尻の落ち込みが軽減されました。

更なる掛け心地と耐久性アップの実現に向け進化を止めないロビーチェアに使用されている耐久性と体圧分散に優れたモールドウレタンですが、通常だと30万円以上のソファに使われるウレタンなのです。カリモク家具は自社でモールドウレタンを製造している為、ロビーチェアの価格帯でも、この高品質な素材が使えるのです。作り続けているが故の、高いコストパフォーマンスがカリモク60にはあるのです。