デンマークの名作≪ MODUS ≫シリーズ

1960年代~80年代にかけ人気を博したデンマークの名作≪ MODUS ≫シリーズを宮崎椅子製作所が復刻。

オリジナルのデザインを忠実に守りつつ、現在の高い加工技術と品質の向上がなされています。

モジュールデザインの中にさり気ない変化と立体感が数多く盛り込まれた人気のシリーズです。

デザインは、共通モジュールでチェア、オットマン、テーブルを設計し、組み合わせによって無数のレイアウトを可能にしたシリーズ。

クリスチャン・ヴェデルの作品中の中で、もっとも優れた作品とも言われるデンマークの名作椅子。

今なお、ヴィンテージアイテムとしても人気を誇ります。

特徴的なデザインのアームと背は、ハンモックのように身体とその動きに馴染んでくれます。

また、アームには程良い硬さのウレタンが入っており、肘を置いた時の安定感も確保されています。

座面には羽毛が使われ、包み込まれるような柔らかな座り心地を体感できます。

そして、ソファとは思えないような軽さです。

座面の下はメッシュ素材で通気性の確保、軽量化に一役買っています。
同シリーズのMODUS side table
テーブルトップを乗せたり外したりすることで様々な使い方可能。

……………………………………

製作 : 宮崎椅子製作所

デザイン : Kristian Vedel

(クリスチャン・ヴェデル)

MODUS(モデュス)シリーズ

……………………………………