カリモク 60 K チェア “THE BLACK”

1962 年に誕生してから現在まで廃盤になる事なく定番であり続けている、カリモク 60K チェア」。

その中でもスタンダードブラックは誕生当初からアイコン的な存在で皆さまから愛されて来ました。

FELICE ではこの「ブラック」をテーマに新たな K チェアを提案したいと思い、企画いたしました。

定番の K チェア スタンダードブラックを継承しつつ、新たな K チェア像をイメージしております。

ロングライフなデザインだからこそ、大きな変化は求めず、生地のみ 2 種類選びました!

■FELICE が提案する “THE BLACK” とは?

同じ黒でも表情や機能はそれぞれ違います。

私たちは新しい K チェア「ブラック」のために、「ラムースブラック」、「モケットブラック」の 2 種類の生地をセレクトし、それぞれ 15 台ずつ FELICE 限定でご用意しました。

モケットブラック(限定 15 台)」

カリモク60 の中でも人気の「モケット」を採用いたしました。摩擦に強い生地で電車やバス、シアターなどにも用いられることが多く、馴染みある素材です。

定番のスタンダードブラックに比べ、モケットブラックを採用することでより上品さと大人の雰囲気を兼ね備えた仕上がりになりました。

モケット特有の経年変化と共にロングライフデザインを心行くまでお楽しみください。

ラムースブラック(限定 15 台)」

環境と人に優しい人工皮革「ラムース」を採用いたしました。

超極細繊維を立体的に絡み合わせていき、天然皮革に似た構造を作り出します。

軽くて強く、ソフトな手触りで人にやさしい素材です。

お手入れもしやすく、ペットを飼われている環境の方に使いやすい素材です。

素材としての可能性を広げるラムースとスタンダードであり続けるデザインとの融合を体感ください。

■私たちと一緒に “THE BLACK” 2シーターを作りませんか?

画像は K チェア 2 シーター スタンダードブラック

それだけではございません。来年には “THE BLACK” K チェア 2シーターも製作を予定しております。

そこで、私たちに皆さまのご意見をお聞かせください。

「ラムースブラック」「モケットブラック」のどちらが次世代の K チェアに相応しいのか?

皆さまの投票によって来年販売予定の K チェアの生地を決定いたします!

皆さまと生み出す新しい K チェアにワクワクが止まりません!

■カリモク 60 FELICE 限定 “THE BLACK” のご購入 or 投票でプレゼント!

FELICE にて THE BLACK K チェア(各限定 15 台)のご購入、 または 2 シーターへのアンケート投票をしていただいたお客様には抽選で豪華商品をプレゼント!

・アンケートに答えていただいた方 [ 抽選で1名様 ]

Twemco Table Clock #QT-30 “Black”
トゥエンコ社のフリップ時計です。
無駄がなく丸みを帯びたTWEMCOらしいフォルムは、ミッドセンチュリー・レトロモダンの雰囲気が漂い、 幅広いインテリアとのコーディネートをお楽しみいただけます。
※単二電池 1 本使用(付属)
※アンケート期間は 2020 年 12 月 31 日締切、その後抽選、発送になります。
※当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。

・限定 K チェア(30 台)を購入した方 [ 抽選で1名様 ]

GENEVA Touring S+ “Black”
場所を選ばないハイエンド FM ラジオ +Bluetooth スピーカー。
クリアな中音域はラジオの音声やボーカル楽曲などの相性抜群。
バッテリー内蔵でフル充電から20 時間再生が可能。
※商品完売後に抽選、発送になります。
※当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。

ぜひご参加ください!

投票アンケートフォーム はこちらから

カリモク60新作展示会-2-

本日は前回のブログに続き、カリモク60新作アイテムのご紹介。
まずは、ロビーチェア・オットマン張地のラインナップリニューアルについて。
「ミストグレー」の後継(定番Kチェアやパターンオーダーとしては継続してます)として、限定Kチェア樽ものがたりで採用されている「ベスパダークブラウン」の色違い『ベスパグレー』が、 「スタンダードキャメル」の後継としては、既にTチェアやDチェアの張地としても採用されている『リーベルブラウン』が新たにロビーチェア・オットマンの張地に加わりました。

『ベスパグレー』は、少し濃いめのグレーを基調として、ベージュやチャコールなど複数色の糸を混ぜて織られているミックス調の平織りです。 ナチュラルで明るい印象だった「ミストグレー」と比べると、『ベスパグレー』は深みのある落ち着いた雰囲気。年齢や性別問わず人気が出そうです。 また、ナチュラル系や濃いブラウン系どちらのフローリングにも合わせやすく、コーディネートの幅がさらに広がりそうです。

「スタンダードキャメル」に比べ、少し深みのあるブラウンの『リーベルブラウン』は、本革を思わせる風合いが魅力です。

そして、Kチェアで食事できるように高さ600mmにデザインされた『LDテーブル』。高さ以外は2本脚仕様のダイニングテーブルT1300と同じデザインです。 ダイニングテーブルT同様に、脚位置は左右とも3段階(最大9パターンの組合せ)の設定が可能です。

既存のLDスタイルのチェアとして人気のDチェアですが、Kチェアより若干座面が高い設定なので、 LDテーブルとDチェアを組み合わせた場合、男性や背の高い方(足の長い方)だと、天板下と太ももの間が少し窮屈に感じられるかも。 ほんの僅かな違いなのですが、やはりDチェアにはDテーブル(高さ620mm)がおすすめかもしれません。


次回はローボード1500専用「仕切りパーツ」や新サイズ「ローボード1200」、新たなラインナップでバリエーションが増えた「クッション」についてご紹介いたします。

カリモク60新作一覧はこちら

カリモク60新作展示会-1-

本日は、先日神戸で行われたカリモク60新作展示会の様子を紹介していきます!

8月下旬頃のブログでは新作アイテムの商品名のみリストアップしていましたが、やっとその一部がご紹介できます!

今回の展示会はまったく新たなデザインの新作というよりは、既存シリーズの補強・進化といった印象ででしたが、それだけにロングライフデザインの奥深さを感じることができました。

まず、目に飛び込んできたのは、スタンダードアイボリー張地×モカブラウン塗装と入れ替わるかたちで定番入りした、 「マスタードイエロー張地×モカブラウン塗装」の組み合わせ。 深みのある落ち着いた色味の組み合わせ。夏が終わり秋を思わせるような「こっくりカラー」です。

Tチェアでは、新たに板座仕様がラインナップしました。 張地で汚れが気になるユーザーさんには嬉しい選択肢です。
こだわりポイントは、板座面のノンスリップ塗装。板座にありがちな前滑りを防止しています。 そして、シートの前面を前垂れで削り、膝裏が当たっても痛くないようにしています。 また、横は前面とは逆に削り出して、上から見ると厚みを感じさせないスッキリとした印象に仕上げています。

タープグリーン張地×ウォールナット塗装と入れ替わるかたちで定番入りしたモケットグリーン張地×ウォールナット塗装のTチェア。 これはFELICEで以前パターンオーダーとして制作されたこともあったのですが、 逆になぜこれまで定番入りしていなかったのかと感じるくらい、納得の定番入りです。 ちなみに話の中で、「Tチェア」と呼んでいましたこちらのチェア、お気付きの方もいらっしゃったでしょうか? そうなんです。こちらは旧称「アームレスダイニングチェアⅡ」です。 今回の新作販売から名称も変更となりました。気になる「T」の由来ですが、これはカリモクの高峯千佳さんというデザイナーさんののイニシャルからつけられました。

そして、今回スタッフ評判が一番高かったタープブルー張地のスリーピングソファです。タープグリーン張地のスリーピングソファの廃番入れ替わりでのラインナップですが、従来のタープグリーン張地は縦ラインのシンプルなステッチでしたが、今回のタープブルーは他の張地と共通のダイヤ張りのステッチです。

カリモク60では、サイドボードやローボード等で使用されている人気のビンテージチーク色が、 新たにリビングテーブルのカラーバリエーションに加わりました。 当時の素材であったチーク材は現在では非常に高価なため、オーク材にて復刻されたビンテージチーク色。 復刻当時にカリモク社員が40年間使用していたオリジナルのサイドボードの色を元に、それを忠実に再現したものです。 素材こそ違いますが、1960年代から40年の歳月を経て醸し出された色味です。

そして、オーク材といえばリビングテーブル(小)にオークの素材感を活かしたピュアオーク色もラインナップされています。 これまでもオーク材を使用したリビングテーブルはありましたが、柾目貼りで塗装は少し黄色みがかったナッツシェル色でした。 今回のピュアオーク色はクリア塗装でランダム貼り。見た目に規則性がないので、自然な天然木を感じることができます。

ご紹介アイテムが多いので、今日のブログはここまでとさせていただきますが、
次回ブログでは、今日ご案内しきれなかったアイテムを紹介していきます!






Kチェア 「ケヤキ/モケットグリーン」 限定発売

国産材にこだわったKチェア「ケヤキ/モケットグリーン」

カリモク60から、国産材にこだわったKチェア「ケヤキ/モケットグリーン」を、1シーター、2シーター合わせて50台数量限定で発売。

既に限定発売されていた「ケヤキ/タープグリーン」に続くVer.2です。美しい表情のケヤキと上品でクラシカルなモケットグリーンが織りなす、絶妙なスタイリングをお楽しみください。

こちらの商品は実店舗のみでの販売となり、FELICE姫路店では「ケヤキ/タープグリーン」の展示がございます。

ケヤキについて…
公園や街路樹など、古くから私たちの周りには欅(ケヤキ)の木があり、身近に触れてきました。そんな欅は、実はとても丈夫で固く、表情が美しい木として木材料としても重宝され、家具だけでなく、日用品や神社仏閣の建材としても広く使われてきました。

上品でクラシカルなモケットグリーン

本日の配達日記は、お馴染みカリモク60ロビーチェア&オットマンのモケットグリーンです。

カリモク60の人気ソファのひとつKチェアではスタンダードブラックが断然人気ですが、ロビーチェアになるとモケットグリーン派が多数を占めます。 上品でクラシカルでありながら、どこか親しみやすさもある表情がモケットグリーンの特徴です。
光の反射によって変わる独特の光沢感もたまりません。

こちらの3シーターと1シーターには、ロビーチェア専用の純正クッションを追加。
小柄な方や女性にはおすすめしたい、背当たりが感が格段に良くなるクッションです。


カリモク60商品一覧はこちら


自宅でのリモートワークで体、疲れていませんか?

みな様こんにちは、FELICEです(^^)

衛生面への配慮や手洗いうがい、除菌の徹底など沢山の方が今心がけているとは思うのですが、コロナに関する報道が連日続いていますね。

ピーク時を避けた公共機関での通勤や自宅でのリモートワークなど、普段とは違ったスタイルでお仕事をされている方も多いと思います。

さて、自宅にワークチェアやデスクなど仕事環境が整っていないまま急にリモートワークを始まってしまったみな様。

ダイニングチェアで長時間のパソコン作業…

体とおしり、疲れていませんか?

お尻が底づいた様な痛みが生まれ、集中して作業に向かえないという方、いらっしゃるのではないでしょうか…。

多様な生活に合わせたワークスタイルを実現するために、今後自宅でのリモートワークを導入される企業様も増えてくると思います。

大げさなワークチェアではなく、普段使いもできて長時間の作業にも向いているチェアがあればいいなぁなんて考えられている方、カリモク60がありますよ(^^)!

カリモク60 ダイニングチェアの最大の特徴は何といってもその座り心地。

お尻があたる部分は木材が切り抜かれ、代わりに強靭なポリエステル糸をニット状に編み伸縮性を持たせた「布バネ」が採用されています。

この布バネは飛行機の座席にも採用され、長時間同じ体制でいることで血流の巡りを悪くしてしまう、エコノミー症候群の対策として作られたもの。

そして布バネの上には硬さの異なる2層のウレタンがクッションとなり、適度な弾力と柔らかさを生みだしています。

また、意外と知られていないのが耐久性の強さ。

椅子に最も負荷がかかるのは、後ろ足と座面の接合部分と言われています。

よくお子様が後ろ足に体重をかけてゆらゆらとさせているあれ…

実は椅子の寿命を大幅に縮めている可能性があります!

ですがカリモク60 ダイニングチェアは、宮大工がお寺を作るときに利用するようなとても外れにくい構造を採用。

そして更には、60kgの重りをのせて後ろに傾けた状態から、前方に落下させるという動作を3万回繰り返される試験にも合格した強さ!

非の打ちどころがありません。

高さは一般的なダイニングテーブルにも、日本人の体にも合う計算しつくされたサイズ感。

体に合わせてもっと座面を低くしたい、という場合には脚先をカットすることも可能ですよ(^^)

店頭では実店舗限定のサービス、「パターンオーダー」をご利用いただけると、定番にはない木部と張地の組み合わせも可能。

お部屋のインテリアに合う、お好きな組み合わせをお選びいただけます(^^)

チェアのデザインは3パターン。

ダイニングチェア

アームレスダイニングチェア

アームレスダイニングチェアⅡ

後ろ姿もぽってりとかわいらしいアームレスダイニングチェアⅡは、ご自宅だけでなくカフェなど店舗でご利用いただくことも多いです(^^)

FELICEでは神戸店・姫路店共にカリモク60 ダイニングセットの展示がございます。

新生活やリモートワークに向けて、新しいお椅子の検討はいかがでしょうか?

全ての張地・木部サンプルもそろえて、みなさまのご来店を心よりお待ちしております(^^)

カリモク60家具の一覧はこちら