膜のように薄く、軽いイメージの椅子「maku」


宮崎椅子製作所 「maku」

こちらのチェアは、2001年に宮崎椅子製作所がデザイナーとワークショップ形式で開発したオリジナルデザインの椅子第一号である「KKチェア」をアップデートさせたアイテムです。一時製造休止していましたが、数年前に宮崎椅子製作所が「インチ材の薄い材から無駄のない軽い椅子を作ろう」という新しい取り組みがスタートした際に、村澤氏のお気に入りでもあったKKチェアにもう一度チャレンジしたいという思いから復刻しました。ただ復刻ではなく材料に合った形で変換させ、20年間の思いとともにアップデートしました。



キーワードは「KKチェアの原型としてのかたちは活かす」「薄いインチ材の形状を生かした軽量化」「大幅ダウンサイズ」。 とはいっても、単に四角い棒で作ってしまうと宮崎椅子の良さがないので、断面にこだわりました。
前後の脚は元々平たい1インチ材。そのままだと角張って軽快なイメージに欠けるので、背のしっかりした曲面を活かしテーパーをつけることで見た目のスリムさと軽快さを持たせました。
また、綺麗な継ぎ目の構造にも試行錯誤しました。薄い材を使っているので、割れが起きたり糊のはみ出しが起きないように、前後貫の逃がし方にも工夫が施されています。これまで村澤氏デザインの作風は、代表作PePeチェアのように丸っぽくフィンガージョイントでつなげるものが多かったですが、改めて「木と木が出会う場所の刺激が大切」という気づきもありました。
さらに軽量化を進める中で、椅子の重量の多くを占める合板やウレタンの重さをどうやって無くせるかというところで、座面には宮崎椅子製作所初のペーパーコードが採用されました。 他の張地も実は合板を使用していないので、非常に軽い仕上がりになっています。合板の上に載せるのではなく、張地を巻き込ませてあります。これは、現場職人の知恵が活かされたもので、 職人とデザイナーが、いっしょに現場の工房で手を動かし、木粉にまみれながら生みだすワークショップ方式のデザイン開発の真骨頂でもあります。

座面はぺーパーコード巻、アクリルテープ巻、ファブリック張込から選べます。樹種や張地にもよりますが、椅子の重量は約3kg前後と比較的軽い部類の椅子に仕上がっています。


FELICEでは定番ラインナップのファブリック以外でも対応が可能です。

上画像の生地は、kvadrat(クヴァドラ)×皆川明氏の人気柄「タンバリン」です。その他のkvadrat(クヴァドラ)生地やミナペルホネン生地も多数取り扱いがございますので、「この椅子に使えるかな?」などお気軽に当店スタッフにお声掛けくださいませ!



1台2役 マルニ60ウッドスツール

生活環境に合わせられるフレキシブルさと上質な使い心地が魅力のマルニ60(マルニロクマル)

座るだけでなく、お部屋のアクセントとしてのインテリアにもなるスツールです。

木のぬくもりが感じられる「スツール」が仲間に加わりました。
オークフレームウォールナットフレームの2樹種のラインナップをご用意。

フラットな座面は、スツールだけでなく、サイドテーブルとしてもお使いいただけます。

ソファやベッドサイドのサイドテーブルとして、インテリアのアクセントとして使い勝手の良い万能スツールです。

※スタッキングはできませんのでご注意ください。

空間に合わせて多彩なレイアウト


先日紹介致しましたマルニ60の新作「ベンチソファ」。

姫路店、神戸店ともに展示スタートしました!

オプションパーツのスクエアトレイ(別売)や ボルスタークッション(別売) を組み合わせることで用途の幅が広がることはもちろん、シンプルなデザインなので、 庭を見渡せる一軒家の贅沢なスペースや広めの土間、何かを眺めるような贅沢な場所に置くなど、ベンチソファがあることによって生まれる空間作りを楽しむこともできます。 また、クリニックや美容室の受付、オフィスやホテルのロビーなど多目的なスペースでのご利用もお勧めです。 

付属のベルトで座クッションに固定することが可能なボルスタークッションは、 もたれかかったり枕がわりにしたり様々な使い方ができます。
フラットでシンプルな形状のテーブルは、日々の暮らしになじみ、また気分にあわせて座クッションと位置を変えることができます。 トレイに照明や植物などを置くと、見せる収納としてご使用ができます。
スクエアトレイはリバーシブル仕様。取っ手が付いているため、持ち運びも可能です。 
複層構造のウレタンを使用することで、しっかりとした掛け心地を実現しています。
フレームはウォールナット材(左)とオーク材(右)の2樹種でラインナップ。


是非店頭にて座り心地と使い勝手の良さを体感してください!

素材の形状にこだわった日本建築にフィットする椅子


宮崎椅子製作所「daen chair(ダエンチェア)


その名の通り、脚・肘・背もたれ等、木部の全ての断面が楕円となっている椅子です。 なるべく単一素材・同じ形状の材料だけで作ることにこだわったダエンチェアは、 柱の太さが一緒・梁の太さが一緒という設計の多い日本建築に自然とフィットします。 また、座面の合板をくり抜いて、ウェービングシート仕様にしてあり、座り心地良く軽量化されています。


背からアーム、そして前脚へと流れるように描かれる美しい曲線美。 捻じれた形の不思議なフィンガージョイントは、なるべく薄く細くする中で強度を保つ為の工夫から生み出されました。

力強さの中にも軽やかさのある3本脚椅子


宮崎椅子製作所の木地場職人・松岡氏がデザインした3本脚椅子の「ツムジ」。一見すると特徴的なフォルムですが、2種類のフレームを十字に組んで座面と背もたれを取り付けたシンプルな構造体。 また、宮崎椅子の中でも厚みのある脚は、後ろから見ると細く見えるようにデザインされています。横から見ても背もたれ側の座面下に抜け感があり、非常に軽やかです。 脚との3本脚仕様ながら、 安定感があり 抜群の掛け心地を愉しめます。

十文字に組まれたフレームは「相欠き」という昔からあるシンプルな接合方法を使っています。開発のきっかけにもなった相欠きですが、捻じれに対して弱いというネガティブな特性がありましたが、相欠きの可能性を求めた松岡氏がフレームの厚みなど強度に関しての検証を重ね、この椅子の完成に至りました。補強となる隅木を必要もしないシンプルな仕上げですですが、前脚が浮くように椅子を後ろに傾け、その状態から落下させる「繰り返し傾き試験」も12,000回をクリアしています。

宮崎椅子製作所の商品一覧はこちら

木工家具の空間にも馴染むキャスターチェア

畳ずりがついた台形のフレームのデザインが特徴的なCチェアに、テレワーク需要でご要望の多かったキャスター仕様がリリースされました。

通常のダイニングチェアとしてお食事の時間だけのご利用に比べ、お仕事などワークチェアとしてご利用されるときは比較的長時間座ることが多いと思います。そして、ずっと同じ姿勢で座り続けると身体が少し痛くなってくることはないでしょうか。キャスター付きの椅子であれば、少し身体が動かせるので、身体も疲れにくくなります。

ただ、木工家具でコーディネートされた空間に、金属や樹脂のワークチェアは合わせづらいものです。「それじゃあ、宮崎椅子製作所の椅子にキャスターをつけてみよう」と生まれたのが、この椅子です。

キャスターにもこだわりました。通常、4本脚のキャスターだと回転するのに少し軸がブレるのですが、高性能ベアリング仕様の日本製スティル(静音)キャスターを採用することで、驚くほど軽くスムーズに、ストレスなく旋回や始動ができます。さらに車輪はエラストマーで出来ており、床を傷つけにくく耐久性があります。 また、スレ桟(キャスターの取付面)には、7mmのスチール製プレートを挿入し、椅子の強度にも配慮。独自の強度試験にもクリアしています。

No.202 STOOL 通称「剣持スツール」


NO.202 STOOL  籐座面/オイル塗装 別注タイプ

ジャパニーズ・モダンデザインの礎を築き上げた剣持勇によってデザインされた「NO.202 STOOL」。

秋田木工で今もなお販売されているベストセラー商品です。スタッキングもできる省スペースな実用性に加え、 片手で持てる軽さなどアイデアも詰まった名品。2013年にはグッドデザイン・ロングデザイン賞を受賞しています。

今回紹介いたします籐座面のNO.202スツールは、1963〜1987年まで生産されておりましたが、その後廃盤となり、今では希少価値の高い商品として流通しているアイテムです。

その籐座面の NO.202スツール の魅力をさらに高めるため、木部の仕上げにはオイルフィニッシュを採用し、別注モデルとして復刻しました。 使い込むほどに変化する風合いを楽しみながら、永くご愛用ください。

復刻にあたり、製造開始当初の図面や治具を用いて、当時のシルエットのままに製作しています。

スタッキングもできる省スペースな実用性に加え、片手で持てる軽さなどアイデアも詰まった名品です。

minä perhonen(ミナ ペルホネン)が張れる椅子

FELICEでは、minä perhonen(ミナ ペルホネン)のファブリックが選べる椅子を多数ご用意しております。

トータルコーディネートの中でミナペルホネンのファブリックを使った椅子を探しているなどございましたらお気軽に当店スタッフにお声掛けくださいませ!

ミナペルホネン以外のファブリックも沢山ご用意しておりますので選ぶ楽しさを感じて頂けれたら幸いです。

また、ご来店は難しいけど「この椅子に他のファブリック張れるかな?」とご検討されているお客様は、ご検討されている商品画像と一緒にお気軽にお問合せくださいませ!

各種お問い合わせはこちらから

是非、お問い合わせフォームをご活用くださいませ。

……………………………………

【minä perhonen(ミナ ペルホネン)とは】

名の由来は、皆川明氏が北欧への旅を重ねる中で、そのライフスタイルやカルチャーに共鳴し、フィンランドの言葉から取った
「minä」=「私」「perhonen」=「ちょうちょ」から。

蝶の美しい羽のような図案を軽やかに作っていきたいという願いを込められています。

その中でも人気の-tambourine(タンバリン)- シリーズは2001 年秋冬発表以来、ミナペルホネンを代表する柄のひとつになっています。

小さなドットの刺繍が集まり輪を描いています。円は正円ではなくフリーハンドで描いた円で、配置されたドットの間隔は不均一です。

遠くから見たときには同じように見えるのに、よく見るとドットのそれぞれの刺繍、ふくらみや形には微妙な違いがあります。

無意識にその自然を受け入れ、心地良さを感じるデザインです。

ミナペルホネン特集はこちらから

……………………………………

単身者様や2人暮らしにお勧めの伸長式テーブル

ご来客の多い単身者様や2人暮らしにお勧めの伸長式バタフライテーブルが、カリモク60ラインナップに新たに加わりました。

普段は省スペースで使え、必要な時にはサイズを広げることができます。 在宅ワークや趣味のワークテーブル、またご来客対応として、フレキシブルに対応するテーブルです。

伸縮時の天板サイズは幅860×奥行800mm、伸長時は幅860×奥行800mmとなります。

伸長時の脚間寸法(最上部)は1029mmなので、アームレスダイニングチェアなら2脚並んで収まります。 伸長の切り替え操作は、垂れた天板を上に跳ね上げつつ、脚を横にスライドさせてから、脚と天板がずれないよう裏からボルトで固定します。

ボルトは最大に緩めた状態でも抜け落ちない構造になっていますので安心です。
※アーム付きダイニングチェアは、アーム(高さ620mm)が幕板に当たりますので、バタフライとの組み合わせとしてはお勧めできません。
アームレス(幅490mm)に比べるとTチェア(幅510mm)は座面が広いので、Tチェアの2脚横並びは十分なクリアランスが取れません。特に板座の場合は、木部同士がぶつかってしまう可能性が高くなります。

【剣持スツール】取り扱い始めました。

【剣持スツール】取り扱い始めました。

1958年に発表以降、現在でも販売が続いているロングライフデザインです。
2013年にはグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞。

1963-1987年まで生産され、廃盤となったラタン座面仕様の剣持スツールがこの度復刻されました!

美しい曲線は曲木の技法によるもの。
日本唯一の曲木専門工房「秋田木工」の職人によって作り続けられています。

自然な仕上がりを大事にしたいという思いから、今まで採用されていなかったオイル仕上げを特別に採用。
丁寧に手作業でオイルを染み込ませ、乾燥を二度繰り返し、最後に手作業で磨きをかけてあります。
ご家庭でもメンテナンスを繰り返して行きながら、時間の経過と共に、味わい深くなって行きます。

剣持スツールの籐座面モデルが販売された1963年当時は、手作業で直接籐を座面フレームに編み込んでいたそうですが現在は職人さんが居ない為、籐シートを座面に張り込んだ仕様です。

軽くて、丈夫で積み重ね(スタッキング)も可能。
玄関先や来客時のダイニングチェアとして、キッチンで一息つくときになど。
どこにでも連れて行きたくなるような気軽さも魅力です。

FELICE姫路店にて展示開始しております。

姫路店はG.W期間中は休まず営業いたします!
皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

……………………………………

■No.202 stool

・W450 × D360 × H450 mm
・素材:ブナ

・¥31,900-(税込)

・デザイン:剣持 勇(ケンモチ イサム)

……………………………………

【秋田木工】
100年以上の歴史を持ち、曲木家具をつくり続ける日本唯一の専門工房「秋田木工」。
積み重ねた伝統を守り、熟練した職人達の手によって生み出された曲木家具は、 今もその輝きが衰えることはありません。
片手で持てるほど軽量にもかかわらず、堅牢で丈夫、そして比類なき美しいフォルム。
曲木家具は、生活に密着した機能性や実用性、そしてその美しさで、不朽のスタイルとしてその存在感を示し続けています。

……………………………………

剣持 勇 (ケンモチ イサム)

1952年渡辺力や柳宗理らとともに、日本インダストリアルデザイナー協会を結成。
1955年剣持デザイン研究所を設立。
その後ブリュッセル万国博覧会「日本館」(金賞受賞)や京王プラザホテルなど数々のインテリアデザインを手掛けています。
1964年代表作であるラウンジチェアがニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久コレクションに選定。
1968年日本航空の航空旅客機ボーイング747のインテリアを担当。
乳酸菌飲料として知らない人はいないであろう「ヤクルト」や「ジョア」の容器をデザイン。

……………………………………