1. HOME
  2. ブランド別一覧
  3. 日進木工
  4. CHORUS(コーラス)
  5. ダイニングテーブル
  6. ダイニングテーブル/ラウンド・オーク
  1. HOME
  2. デザイナー別一覧
  3. 松岡 智之
  4. ダイニングテーブル/ラウンド・オーク
  1. HOME
  2. カテゴリー別一覧
  3. 家具
  4. ダイニング
  5. ダイニングテーブル
  6. 正円・楕円形
  7. ダイニングテーブル/ラウンド・オーク

CHORUS(コーラス) ダイニングテーブル/ラウンド・オーク

  • 送料無料
  • 受注生産
¥ 237,600 税込
[ 2,376 ポイント進呈 ]
※標準はウレタン仕上げとなりますが、追加料金でオイル仕上げ・ソープ仕上げに変更も可能です。(天板サイズによって追加料金が異なります)
配送詳細
  • サイズ
  • 直径1000 高さ710mm
    直径1200 高さ710mm
    直径1400 高さ710mm
    直径1600 高さ710mm
    直径1800 高さ710mm
  • 樹種
  • オーク材
  • 備考
  • ・メーカー保証10年
    ・要組み立て商品

エモーショナルな雰囲気と空間が奏でるハーモニー



室内空間はさまざまなエレメントで構成されています。家具、植物、食器、衣類……、 これらを選び、まとめ上げているのは、その空間の要となる“人”。指揮者としてタクトを振り、 穏やかな歌声を調和させるように、豊かな空間へと導いています。そこに一層の彩りを添え てくれるのは、棚や壁に飾られたアートではないでしょうか。それは空間にとって大切な パートであり、心までも満たしていきます。 CHORUSはエモーショナルな雰囲気を漂わせ、空間が奏でるハーモニーと重なり合います。 優美な曲線を描く凛としたフォルム、優しい木の温もり、内包されたつくり手の気配、まるで 彫刻作品のような存在感は空間と呼応し、なめらかに溶け込んでいく。そして新しい感性が 呼び起こされ、暮らしにうるおいが増していることに気が付くでしょう。CHORUSは空間という ひとつの楽団の一員であり、いつの日も、永い年月を経てもなお、端正な響きを放ち続けます。

身体感覚に基づいた造形美



思わず触れたくなる、木の質感と柔らかな表情。どうぞゆっくり、腰を下ろしてください。 身体をしっかり受け止めながらも動作は妨げられることなく、何も感じないほどの快い違和 感は、このうえない座り心地の良さの証。アームに指先を絡ませ、肘から先端までの感触を 味わっていくうちに、自然の営みかの如く、CHORUSは身体に馴染んでいるはずです。椅子 は誰しもの生活の中にある日常的な存在。だからこそ、身体感覚に基づいた造形を導き 出しました。

機械と手仕事のバランス



日進木工の家具づくりは、機械加工と職人の手加工、伝統的な工法のベストミックスによって行われています。 機械加工といっても木材の切削が主な内容。たとえ同じ木から製材したパーツでもそれぞれに個性があるため、どの工程においても熟練した技と知識が必要とされます
CHORUSは日進木工の家具の中でも、職人の手仕事による工程が多いシリーズ。例えば椅子のアームから後脚にかけてのラインひとつをとっても、惜しみなく手間暇を注いで います。機械で荒加工をした後、サンドペーパーなどを使い、職人がすべて手作業で仕上げていく。他にも、随所に用いられた高度な曲げ木技術、中央に膨らみをもつ4本の脚、3次元曲面の背板、丁寧な磨きなど、こだわった点は枚挙にいとまがありません。CHORUSは職人が培ってきた手の感覚を頼りに、生み出されているのです。

[DESIGNER]

松岡 智之

マツオカ トモユキ

1970年三重県生まれ。1992年千葉大学工学部工業意匠学科を卒業後、同年、株式会社GK設計に入社。 ストリートファニチュアやサイン計画などの環境プロダクトのデザインに携わる。1999年よりデンマーク王立芸術アカデミーデザイン科に留学。 2001年帰国し、TOMOYUKI MATSUOKA DESIGNを設立。独立後は、デンマークでの生活から感じた心地よい生活空間や暮らし方などの実体験を活かし、シンプルで美しく、人に優しく永く愛され、暮らしに馴染む、そうしたプロダクトを目指し、家具デザイン、プロダクトデザインを中心に国内外のクライアントと商品開発に取り組む。近年は商品デザインだけではなく、出来上がった商品をどのような印象でお客様に伝えるかをクライアントと共に考え、商品写真撮影時のスタイリング、カタログのディレクション、グラフィックデザインまで積極的に携わる。

[BRAND]

CHORUS

コーラス

2019年6月、岐阜県飛騨高山の家具製造メーカー・日進木工から発表されたシリーズ「CHORUS(コーラス)」。 身体感覚から導き出したというチェアは、彫刻的な佇まいを有している。この有機的なフォルムは、曲げ木技術をはじめとする日進木工の職人たちの卓越した技があってこそ実現できたと いえよう。北欧や中国の明調、シェーカーチェアなど、さまざまな椅子 のデザインの 要素を再構築したことで、多様な空間と重なり合う。 エモーショナルな雰囲気を漂わせるCHORUSは、空間が奏でるハーモニーと重なり合います。そして新しい感性が呼び起こされ、暮らしにうるおいが増していることに気が付くでしょう。 CHORUSは空間というひとつの楽団の一員であり、いつの日も、永い年月を経てもなお、端正な響きを放ち続けます。