1. HOME
  2. ブランド別一覧
  3. REMBASSY(レンバシー)
  4. MANI(マニ)
  5. REMBASSY(レンバシー)MANI(マニ)3Pソファ・片肘ハイアーム
  1. HOME
  2. ブランド別一覧
  3. REMBASSY(レンバシー)
  4. ソファ
  5. REMBASSY(レンバシー)MANI(マニ)3Pソファ・片肘ハイアーム
  1. HOME
  2. カテゴリー別一覧
  3. 家具
  4. ソファ
  5. 3人掛け
  6. REMBASSY(レンバシー)MANI(マニ)3Pソファ・片肘ハイアーム
商品番号 fe_mani3phlr

REMBASSY(レンバシー)
MANI(マニ)3Pソファ・片肘ハイアーム

  • 送料無料
  • 代引不可
¥ 275,000 消費税込 ¥ 302,500
[ 8,250 ポイント進呈 ]

生地一覧
  • 商品説明
  • スペック
  • 配送詳細
  • 「自由に、気の向くままに」。MANI は、くつろぎ方の好みに合わせて、サイズやアームの種類、組み合わせを多彩なバリエーションから 選択できるソファ。

    ふっくらと丸みを帯びているのは、クッションのウレタン層の上に羽毛を使用した層を重ねているため。長時間座っていても疲れにくい 固めの座り心地をベースに、適度な沈みこみで身体を受けとめてくれる気持ちよさを備えている。
    背もたれが低く見えるが、この沈み込 みにより、座ると思った以上に身体をしっかりと支えてくれる。

    ゆったりと深さのある座面は、ごろっとねころがった時にもベッドのように快適。直線的な構成をベースに輪郭に丸みをもたせ、加えて 生地をわざと緩めに張ることで、上品さがありながらも構えたところのない、リラックス感のある印象に。端部をつまんだ縫製は柔らか な輪郭の中に緊張感をもたらし、これにより、カジュアルにもシックにも合わせられる絶妙な佇まいが生まれている。

    アームは、ハイアームとローアームの 2 種類の高さから選択できる。ハイアームは、アームを背にすれば、脚を伸ばしてカウチのようにも くつろげるのが長所。背もたれとアームがぶつかる角に身体をうずめるのも気持ちいい。ローアームは、枕がわりに頭をのせるのにちょ うどよい高さになっている。ごろごろしたい人におすすめ。アームや背は、腰掛けたり、肘をついてくつろげるよう、ゆったり幅広に設定。

    ソファと組み合わせて使えるサイドテーブルも用意している。本、ノート PC やタブレット、充電器、リモコン類など、頻繁に持ち出すか らわざわざ収納しておくのは面倒だけど、放っておくと散らかりがちなソファ周りのものをごそっとまとめておける。特に、外から見えす ぎない薄い収納スペースが便利。経年変化の魅力を味わえるよう無垢材のみを使っていて、オイルフィニッシュのため質感、触り心地も この上ない。樹種は、ウォールナットとホワイトオークの2種類から選べる。


    ●MANI(マニソファ)シリーズ商品一覧はこちら

    ●REMBASSY商品一覧はこちら

  • ■サイズ
    幅1990 奥行930 高さ640mm(座面高さ390mm)
    座面幅/アーム内側1620mm

    ■素材
    張地:ファブリック(カバーリング)/革(張り込み)
    ※張地種類により、価格が異なります。
    背クッション:ウレタンフォーム、シリコンファイバー混合スモールフェザー
    座クッション:Sバネ、ウレタンフォーム、ウレタンチップ混合スモールフェザー

    ■ブランド
    REMBASSY(レンバシー)

    ■備考
    アーム部着脱可
  • ■納期
    受注生産の為、出荷までに約1ヶ月~1ヶ月半程度お時間を頂きます。
    ※ご注文後(決済確認後)の商品の変更、キャンセルを承ることが出来ません。納期のご希望がある場合には、出来る限りご注文前にご相談下さい。

    ■配送
    メーカー直送による開梱設置配送(お部屋の中まで搬入)



BRAND

REMBASSY(レンバシー) REMBASSYでは、2つのことを大切にしています。
ひとつは、素材遣い。梱包を解いた瞬間がピークではなく、年月を経て、傷や染みが増えていくとともに独特の表情が生まれ、風格ある佇まいとなっていく。そんなプロダクトが理想であると考え、素材遣いに特別のこだわりを込めています。素上げのレザーやキャンバス地、無垢材、鉄など、使い続けるほどに美しい経年変化を覗かせ、使い手の愛着が深まっていく良質の素材を使用しています。
そしてふたつめは、シンプルなデザイン。それは単純な形状を目的とすることではなく、あらゆるニーズや情報の中から本当に必要なものだけを選び抜き、必要のないものをきっぱりと捨て、本質的な価値だけを残すこと。試行錯誤の先で、突き詰めたかたち、そんなシンプルさです。シンプルは余白を残し、使い方を工夫する余地を生み、また、素材の質感を最大限に際立たせます。