カリモク60ダイニングテーブルT(2本脚)特集

出入りがしやすい
ダイニングテーブル2本脚

カリモク60+ダイニングシリーズの定番であった4本脚ダイニングテーブルに加え、「ベンチと組み合わせた時に出入りがしやすいように」と開発された 2本脚タイプの「ダイニングテーブルT」。チェアやベンチの組み合わせをより多くのパターンで楽しむことが出来るようになりました。
ダイニングスペースが限られている方へ椅子を引くスペースがなくても出入りがしやすいといメリットがあります。

変わり続ける時代だからこそ、いつの時代にも通用する「ロングライフデザイン」をコンセプトに開発している「カリモク60+(ロクマルプラス)」シリーズ。 1960年代当時にはなかったダイニングテーブルやチェア、TVボードやデスクなど、新たなアイテムが少しずつ生み出されています。


  • 2本脚テーブルの最大の特徴は、広々とした足元。天板の四隅に脚がないので、横からの出入りが可能。2人並んで着席するベンチでもスムーズに立ち上がる事ができ、相手の邪魔になりません。
  • 椅子を引ききらなくても座る事ができるので、背後に壁がある場合など、スペースが取りにくいお部屋にもお勧めです。

脚の組み付け位置は内から外へ3段階、
全9パターンで使用が可能

天板の仕様は従来のダイニングテーブルと同じですが、シンプルで飽きのこないデザインの脚は、取付位置が外・中・内の3段階(最大9パターンの組合せ/脚間サイズは5パターン)調整が可能です。 テーブルの設置場所やお誕生日席の確保に合わせて、スタイルを微調整できることも魅力の一つです。脚の組み付け位置は内から外へ3段階あり、全9パターンで使用が可能です。
人数やお部屋のレイアウトに合わせて、より自由、より自由な組み合わせが可能となったダイニングテーブル。

幅1500テーブルとチェアのサイズ詳細

幅1300テーブルとチェアのサイズ詳細

上記の組合せの場合、T1300だと「外・外のみ」、T1500だと「中・外以上」の脚設定で上記アイテムがぶつかり合わずに設置可能です。

△:計算上は収まりますが、余裕がないためお勧めはできません。 △例:ダイニングチェアTは、モタレ部分が最大幅(510mm)となり肘付きのダイニングチェア並みの幅サイズです。 2台並べて設置した際のモタレ部の最大幅は1020mmとなり、その状態でシート部の最大幅は1000mm。チェア脚部の最大幅は960mm。 T1300の「中・外」でもチェアの脚部は収まる計算ですが、シート前方が脚支柱に当たるため、収納可能という意味ではT1300では「外・外」を推奨。


使用例

  • W1300テーブルの外・外に脚を取り付ければ、ベンチも収まります。
  • 壁方向は外側、手前妻手側は内側に脚を取り付けることで、急な来客時にスタッキングスツール等の補助椅子を配置しても脚元が邪魔になりません。

美しい天然木の突板

ダイニングテーブルの天板には、美しい天然木の突板を使用しています。ウォールナット色塗装とモカブラウン色塗装の天板には、オーク材突板+オーク無垢材の四方縁材仕様(端バミ)。ピュアビーチ色塗装の天板には、アネグレ材突板+ブナ無垢材の四方縁材仕様(端バミ)となっています(※2021年7月生産分より仕様変更)。
テーブル角は丸みをつけていますので、痛い角打ちを軽減。小さなお子様がいるご家庭にも安心です。


過去の仕様変更歴

  • 2005年発売開始~2019年6月生産
    アネグレ材突板仕様に、ブナ無垢材の四方縁材仕様(端バミ)。縁材木と突板の樹種が異なることから、色の差が強く、ツートンに見えることがありました。
  • 2019年8月~2021年6月生産分
    アネグレ材突板をテーブル縁いっぱいまで貼り込む仕様に変更。突板貼りのプレスに耐えられるよう、空間にハニカムコアを入れ、強度アップ。

熱や薬品に強いシリコンアクリル塗装

人気の秘密は、美しさだけではありません。 ダイニングテーブルとしての使い勝手の良さ、耐久性の高さもお墨付き。 ダイニングテーブルといえば、食卓ですので、ソースがこぼれた!コップが倒れた! 熱いお鍋を置いてしまった!重たいものを落とした!・・・なんてことも ダイニングシーンではよくあることだと思いますが、そんな時でも心配はご無用。 主にカリモク60のアイテムには、傷や、熱に強い「ウレタン塗装」が施されていますが、ダイニングテーブル天板には、その上にさらに強い「シリコンアクリル塗装」を重ねています。 このシリコンアクリル塗装は、非常に硬い塗膜で、天板への衝撃・ダメージを最小限に抑えてくれます。 また、汚れた時にもお手入れも簡単で、 きれいなままずっと永く使い続けることができるんです。

たばこの火への耐熱試験

カリモクが行った実験によるとシリコンアクリル塗装は、30秒間タバコの火に耐えうる耐熱性を持っているという結果が!
熱だけでなく、紫外線による日焼けや劣化も防ぐことができ、天板の美しさを長持ちさせることができます。
(※この試験は、耐熱性を比較するためのもので、ご使用にあたっては、タバコの火などを直接天板面に置かないでください。また、火を落とした場合は、速やかに取り去ってください。)


  • ウレタン塗装
  • シリコンアクリル塗装



プラス1でさらに快適に

傷や汚れにも強いシリコンアクリル塗装ですが、それでもテーブルを新たに購入したときは天板をきれいに守りたいもの。こちらの天板保護マットは、カリモク60ダイニングテーブル天板の丸角も合わせたピッタリサイズです。家具の天板をキズと汚れから守ります。UV加工(表面)でキズ・薬品に強く帯電防止で肌触りもいいため、在宅ワークをされる方や小さなお子様がいても安心してご使用いただけます。

  • べた付き感がなく、食器やグラスの移動がスムーズにできます。
  • 無色透明で、木目や塗装色などの、家具本来の美しさを損なうことなくご使用いただけます。

ライフスタイルに合わせたサイズ展開

単身世帯やご夫婦世帯に最適な800×800mmは、コンパクトでも高級感ある食卓演出してくれます。
コンパクトな4人掛けサイズの1300×800mmは、ベンチもぴったり収まるサイズです。
大人4人がゆったり座れる1500×800mmは、横並びのアームチェアやベンチも余裕で収まります。
大家族仕様のゆったり1800×900mmは、アームレスチェアが横並びに3脚収まり、6人掛けが可能です。

ダイニングチェアとのベストなサイズ感

好評いただいている使い勝手の良さのワケは、テーブルとチェアを組み合わせた時の計算された[絶妙なサイズ感]にあります。テーブルとチェアの高さのバランスが合わないと、お食事や書き物をする際、変に身体に力が入ってしまい、肩が凝ったりと快適さが損なわれます。テーブル天面から、チェア座面までの距離を「差尺(さしゃく)」といいますが、一般的に27cm~30cmまでが心地よいサイズと言われています。 カリモク60のダイニングテーブルとチェアの差尺は27cm。食事をするにも書き物をするにも、まさにベストなサイズ感で快適に過ごすことができます。


サイズの目安

  • 大人1人が使うのに必要なスペースには、一般的に『幅60cm×奥行40cm』必要とされています。これに使用人数をかけることで必要なテーブルの基準となる大きさが算出できます。
  • カリモク60の4人掛けダイニングテーブルでは、W1300mmがジャストサイズ、W1500mmゆったりサイズ。
  • ダイニングには、テーブルやチェアの大きさに加え、チェアを引いたり、人が通るためのスペースを確保する必要があります。ダイニングセットを配置するお部屋の大きさをふまえて、日常で快適に使えることを想定し、配置方法やサイズを決めましょう。
  • テーブルは肘を置いた時、直角になるくらいのバランス、テーブル天面とチェア座面の差尺は一般的に27cm~30cmまでが心地よいサイズと言われています。

アイテムラインナップ

ウォールナット色塗装

カリモク60ブランドで最もスタンダードな塗装色。 ウォールナット材が経年変化した後の、優しい茶色を再現して色付け。深みがありながら、適度な明るさと光沢感がある塗装です。

  • 1500x800
  • 1300x800

モカブラウン色塗装

ウォールナット色よりも濃い目で深みを持ち、マットな質感です。シックで落ち着いた空間を演出してくれるので、都会的で上品な空間をイメージされている方におすすめ。

  • 1500x800
  • 1300x800

ピュアビーチ色塗装

木地は白っぽく、木目も細やかで優しく軽く、自然な風合いをもつ木材として広く親しまれています。 北欧系やナチュラルモダンなインテリアを好む方に人気のカラーです。

  • 1500x800
  • 1300x800


納品事例