• HIROSHIMA(ヒロシマ)

    アームチェア

    マルニ木工創立90周年を記念して作られた限定モデルの HIROSHI(ヒロシマ)アームチェアは、ビーチの白木と深い青緑のベルベットの調和が美しい。 1960年代に和歌山県の布産地と出会いオリジナルとして開発されたこの生地は、今も尚マルニ木工の多くの椅子に張られている。長い歴史を支えてきたこの美しいベルベットと、10年前に誕生し新たなマルニ木工を象徴する椅子となったHIROSHI(ヒロシマ)の組み合わせは、美しさのみならずマルニ木工のモノづくりに対する姿勢を表現している。90周年にちなみ全世界で限定90脚のみ製造する。

HIROSHI(ヒロシマ)アームチェアについて

使用シーンを限定せず、あらゆる場所で使えることを想定したシンプルで精緻な構造のアームチェア。
世界的なプロダクトデザイナーの深澤直人によって2008年に生み出されました。

背からアームにかけての緩やかなカーブが美しく、背中へのフィット感も抜群です。
また座もゆったりとしており、ダイニングチェアとしてだけではなく、ラウンジチェアとしてもご使用いただけます。光のあたる部分と影の部分とのコントラストが美しく、椅子としての造形美をより際立たせています。使い心地の良さと精緻な美しさとを感じられる、非常に人気のあるアームチェアです。

ご購入はコチラ▶

designer

深澤 直人Naoto Fukasawa

  • 1959年生まれ、山梨県出身。
    人が無意識にしている行動に着目してデザインや、無駄を削ぎ落し空間に溶け込むようなシンプルなデザインが多い。イタリア、フランス、ドイツ、スイス、北欧、アジアを代表するブランドのデザインや、国内外の大手メーカーのコンサルティングを手がけています。
    ±0デザイナー、無印良品デザイナー兼アドバイザリーボードメンバーや、グッドデザイン賞審査委員長もなども務めていることなどでも有名です。
    2008年、MARUNI COLLECTION(マルニコレクション)の顔ともいえるHIROSHIMA(ヒロシマ)シリーズを発表
MARUNI COLLECTION
T&O T1チェア
  • 定番T1チェアのスチール部分はアクセントカラー(ブラック・グリーン・レッド)でししたが、マルニ木工創立90周年モデルはシルバー色となっています。
    木とスチールの異なる素材ながら木質と調和しており、インテリアコーディネートにおいても、高い汎用性があります。

    「私にとって、この特別バージョンのT1チェアでマルニ木工の90周年記念に貢献できることはとても幸せなことだ。」とジャスパー・モリソンが語ります。
    90周年にちなみ全世界で限定90脚のみ製造する。

T&O(ティーアンドオー)T1チェアについて

Tチェアは無垢のメープル材を3次元に削り出した座面と背もたれで
出来ていて、弾力性のあるスチールで背と座を繋げることにより
快適なすわり心地を実現させています。



  • 色のついたS字型のスチールは、木とのコントラスト
    を引き立て、親しみやすさと新鮮さを与えています。
    世界的なプロダクトデザイナーのJasper Morrison
    (ジャスパー・モリソン)によって2016年に生み
    出されました。

    ご購入はコチラ▶

designer

ジャスパー・モリソンJasper Morrison

  • 1959年生まれ、ロンドン出身。現在最も影響力のあるプロダクトデザイナーの一人。活動は幅広く、家具、食器、キッチン用品、照明、電化製品のデザイン、公共空間のデザイン、そして近年では腕時計、時計や靴も手がけている。簡潔かつ、変わらぬ価値を持ち続ける普遍的なデザインに特徴がある。
    2011年よりMARUNI COLLECTION(マルニコレクション)に参加。
MARUNI60
フレームチェアタツノレザー
  • マルニ60からは90周年限定モデルとして、弊社の手掛けるTATSUNO LEATHER(タツノレザー)がシート張地に採用されました。
    今回、採用されたTATSUNO LEATHER(タツノレザー)は、北欧・北米の比較的傷の少ない革を使用。
    そのレザーに多量のオイルを加えることで耐水性と柔軟性を持たせ、独特の艶を生み出しています。
    使い込むほどにオイルが染み出て独特の風合いを見せるこちらの皮革は、天然木のフレーム同様に、エイジングを楽しめる素材です。

マルニ60フレームチェアについて

1960年代のロングライフ製品を復刻生産する「60VISION」に
参加して立ち上げたブランド「マルニ60(ロクマル)」。
その復刻第一弾となったのが、1961年発売開始から
1977年までロングセラー商品として人気を博した木枠の
ノックダウン式(組み立て式)の「オークフレームチェア」。



  • その「オークフレームチェア」の中でも、さらに
    木の表情を活かした商品を「オークフレームチェア
    ・キノママ」シリーズとして販売しています。

    ご購入はコチラ▶

history

  • 100年後も世界の定番として
    愛されるような家具を作り続ける。

    広島県に本社を置く木工家具メーカー。木工家具では業界有数の大手であり、カリモクと並んで高いブランド力を持ちます。マルニ木工の前身「昭和曲木工場」の創業は1928年で、業界では最古参。創業当時より「工芸の工業化」を掲げ、歴史に裏打ちされた高い技術力と、時代時代を飾った数多くの実績を誇ります。

  • 近年は、国内外の著名なデザイナーと共に木工技術とデザインがハイレベルに融合した次代の名作家具を次々と発表。中でもプロダクトデザイナー・深澤直人と作り上げた「HIROSHIMA」(ヒロシマ)シリーズは、普遍的な魅力を持った傑作として、世界中から高い評価を受けている。
    ミラノサローネ国際家具見本市への出展をはじめ海外展開にも積極的で、その影響力は国内にとどまらない。

デザイナーと技術者が向き合い、木の魅力を引き出すデザインと職人による精緻な
モノづくりによって、100年後も世界の定番として愛されるような家具を作り続ける。
「日本から世界へ発信する家具」を掲げ、着実にその歩みを進めている国内最重要ブランドの1つです。