目指したものは100年使っても飽きのこないデザインと堅牢さを兼ね備えた家具。
そうして毎年マルニ木工から世界に向けて発表する作品が「MARUNI COLLECTION(マルニコレクション)」です。
開発パートナーには世界的なプロダクトデザイナーの深澤直人とジャスパー・モリソンを迎え、ミラノサローネ国際家具見本市(※)への出展をはじめ海外展開にも積極的で、その影響力は国内にとどまりません。

※世界最大の家具見本市。マルニ木工は、世界の名だたる一流ブランドが集う
ホール16での展開(ホール16で日本企業が独自出展するのはマルニ木工が初)。

  • 中でも深澤直人が手掛けた「HIROSHIMA(ヒロシマ)」 シリーズは、普遍的な魅力を持った傑作として、世界中から高い評価を受けています。アップルの新社屋「アップル・パーク」(アメリカ・カリフォルニア州)でのiPhone発表会の際、ビジター・センターに大量に置かれたことでも有名です。

「今まで世界の定番になってきた木の椅子には、
デザインというよりは工芸的な手作りの温もりがあります。
人間的な温もりがありながら、精緻で清浄なイメージが
このコレクションで目指すものです」と深澤直人は語ります。

- デザイナー -

- MARUNI COLLECTION -

  • 木本来の質感や風合いを感じられる、ナチュラルな無垢天板のダイニングテーブルです。使い込むにつれ味わいを増すこのテーブルは、それぞれ異なる表情の木目をもち自然の豊かさを実感いただけます。天板と脚組のバランスに工夫をこらしたシンプルなフォルムは、どの椅子を合わせても調和がとれます。天板には、厚さ30mmの無垢材を使用しております。 幅のサイズだけではなく、奥行きのサイズもお選びいただけるバリエーションをご用意しております。

  • マルニ木工の長年の定番である、ヨーロッパの伝統的な装飾を生かした地中海シリーズとベルサイユシリーズを現代風にリファインしたシリーズです。特徴となっている装飾を単純化し、自然な木肌を生かしたナチュラルで温かみのある仕上がりになっています。クラシカルでありながら、全く新しいシリーズです。

  • 東洋的でありながら西洋の空間にも馴染む、落ち着きのある上品さを持つシリーズです。 角材と板材の基本的な構造からなるフォルムとアジアの家具の特徴的な深い色合いは、昔からそこに存在していたかのような自然な雰囲気を感じさせます。座るだけでなく、ものを置いたり、棚として使ったりと様々な場面でお使いいただけます。

  • さまざまな暮らし方にフィットする、シンプルなイメージを美しく具現化したシリーズです。座り心地や快適さを考慮した木の構造体そのものが、さりげなく美しいフォルムを形成しています。 ナチュラルな色合いの木フレームと厳選されたファブリックの組み合わせが、空間に新鮮な佇まいを与えます。 自然と周りに調和するラインを持つ同シリーズは、ホームユースからパブリックスペースなど、幅広いシーンでお使いいただけます。

  • 伝統的な作品が持つ魅力を見つめなおし、現代の生活に合うようにアレンジを加えて生まれたシリーズです。
    古き良きクラシック家具から継承された優れた部分は保ちつつ、フォルムに磨きをかけてコンテンポラリーなデザインに仕上げました。すっきりと美しい姿の中にもどこか懐かしさを感じさせる深みのあるアイテムが、上質な空間をお届けいたします。

  • ベンチという言葉を聞いて思い浮かべるイメージを要約し、デザイナーが自らのオフィスのテラス用として制作した後、5年の月日を経てマルニ木工から発表したシリーズです。 室内用・屋外用の2つのタイプからお選びいただけます。
    個人邸のお庭や公園のパブリックスペースなどどんな空間にも自然にとけこみ、日常的に使用しても飽きの来ないシンプルなデザインが特徴のベンチです。

  • この椅子はクッションや張地なしで、最高に座り心地のよい木製椅子をデザインするという意図から生まれたものです。

- マルニ木工 -100年後も世界の定番として愛されるような家具を作り続ける。

広島県に本社を置く木工家具メーカー。木工家具では業界有数の大手であり、カリモクと並んで高いブランド力を持ちます。マルニ木工の前身「昭和曲木工場」の創業は1928年で、業界では最古参。
創業当時より「工芸の工業化」を掲げ、歴史に裏打ちされた高い技術力と、時代時代を飾った数多くの実績を誇ります。

  • 近年は、国内外の著名なデザイナーと共に木工技術とデザインがハイレベルに融合した次代の名作家具を次々と発表。中でもプロダクトデザイナー・深澤直人と作り上げた「HIROSHIMA」(ヒロシマ)シリーズは、普遍的な魅力を持った傑作として、世界中から高い評価を受けている。
    ミラノサローネ国際家具見本市への出展をはじめ海外展開にも積極的で、その影響力は国内にとどまらない。

デザイナーと技術者が向き合い、木の魅力を引き出すデザインと職人による精緻な
モノづくりによって、100年後も世界の定番として愛されるような家具を作り続ける。
「日本から世界へ発信する家具」を掲げ、着実にその歩みを進めている国内最重要ブランドの1つです。