宮崎椅子製作所特集

宮崎椅子製作所の家具作り

1969年創業。四国・徳島県のに拠点を置く宮崎椅子製作所は、木の椅子づくり専門の家具メーカー。徳島の地場産品である阿波鏡台で技術を培い、2000年から自社ブランドの椅子づくりを開始しました。

宮崎椅子製作所のモノづくりのあり方を表す「椅子の成る木」。この言葉通り、椅子という成果を実らせる一本の木であることを目指し、良質の材料、優れた技術、心を込めた丁寧な仕事を信条として、使い手と作り手の喜びが通い合う美しい椅子の数々を生み出し続けています。

「技術」×「デザイン」

モノづくりの根幹にあるのは「技術」と「デザイン」を一体にすること。 職人とデザイナーが、いっしょに現場の工房で手を動かし、木粉にまみれながら生みだすワークショップ方式のデザイン開発が特徴。

デザインはもとより、座り心地や手触りを確かめながら製品開発を行っています。そして、ユーザーに永く使っていただける普遍的なデザインを目指し、一切妥協することなく、ともに納得がいくまで議論を尽くし、試作を重ねます。 その結果、技術を活かした新たなデザインが生まれ、新たなデザインを可能にする高い技術力が生まれる。このようにして宮崎椅子製作所ならではの製品をつくり出しています。

家具デザイナーの村澤一晃と小泉誠を中心に、デンマークの巨匠カイ・クリスチャンセンや、ミラノのデザインチームInoda+Svejeなど優れたデザイナーが関わり、国内のみならず海外からも注目されています。

  • 村澤一晃
  • 小泉誠
  • 吉永圭史
  • カイ・クリスチャンセン
  • イノダ+スバイエ
  • クリスチャン・ヴェデル


多数の製品アイテム・多樹種・セミオーダーでつくる

80種類を超える製品アイテムについて、樹種は7~8種類、張り地は60種類以上から、好きなものをお選びいただけます。樹種はウォールナット、ナラ、ブラックチェリーなど多種類の良質の木材を取り揃えています。張り地はこちらでご用意しているものに加え、ユーザーお持ち込みのファブリックを使って世界に一つだけの椅子をつくることもできます。

完成時だけでなく、製作の各工程で検品を行い、職人が目視と手触りの両方でフレームの隅々にまで気を配ることで、思わず何度も触りたくなるような温かみのある製品に仕上げられています。 木取りから一貫した自社生産で細やかなモノづくりと、受注生産体制で出来立ての木の椅子を届けます。

一脚一脚の約束

「永く使って頂きたい」という想いを込めて、製品ひとつひとつにシリアル番号をつけ、お届けします。また、安心して永くお使いいただけるよう、張替えや修理にも対応しています。
お客様へのアフターフォローやご購入後のサポートは、私たち正規パートナーショップがご対応いたします。