宮崎椅子製作所50周年記念特集

これまでの50年、
これからの50年。

先代の宮崎高治氏が宮崎椅子製作所を創業して50年。 全国屈指の鏡台の産地・徳島で、鏡台のスツールを下請け製作することで技術を磨きながら、 2000年からはオリジナル製品の自社開発に力を注ぎ、 下請けからの転換を実現。これまでに100アイテム以上の 製品を生み出してきました。

デザインと技術を一体にした独創性をそなえ 日本でつくる意味と価値のある椅子づくりを目指す宮崎椅子製作所の取り組みは、 デザイン開発を共に行う国内外のデザイナーや職人「作り手」、 私たちFELICEのようなパートナーショップ「伝え手」、 そして「使い手」であるお客様とが良い関係がつながって成り立ちます。

これまでのあゆみを振り返り、これからの50年もたゆまず 椅子づくりに専念していく思いを込めてお届ける為に、 ザイール産ウェンジとデンマーク・ソーレンセン社のレザーを使った 特別仕様の製品15アイテムを限定生産します。



黒褐色の重厚な木材
「ウェンジ」

穏やかな黒褐色で独特な表情を持つウェンジ材は、古くから貴重な木材と して家具に使われてきました。乾燥がとても遅いため、時間をかけて十分 に乾燥させたものでないと良材にはなりません。また、強い材質でありな がら、製作工程では割れを起こす場合もあるため、木目を読みながら丁 寧で慎重な作業が求められる職人泣かせの材料でもあります。 完成すれば収縮が少なく、安定性、耐久性、強度に優れます。重厚な素 材感は、クラシカルな家具にもモダンなデザインにも似合い、油分が多く 使う人の手に触れ磨かれることで美しい艶が増していくことでも人気の高 い樹種となっています。

ウェンジ材は導管(木目の筋)が深いので、オイルを2回塗りで仕上げています。 それによって深くオイルが浸透させて材を保護しています。 創業50周年記念特別仕様モデルは、1年間の期間限定販売ですが、今回仕入れたウェンジの原木が無くなり次第終了の限定生産品となります。
※DC10はウォールナット材のエボニー色オイル仕上げとなります。



北欧レザー
「ソーレンセン・ロイヤルヌバック」

創業50周年記念特別仕様モデルに使う張地は、デンマーク・ソーレンセ ン社のナチュラルレザーです。デンマークでもっとも知られた皮革メーカー であるだけでなく、ヨーロッパを中心に、アメリカ、アジアなどの多くの国々 で高品質なレザーとして高く評価され、世界の建築家やデザイナーとのコ ラボレーションも多様に行っています。 「ロイヤルヌバック」シリーズは、革の素材感を活かしたアリニン仕上げ(染 料仕上げ)の最高峰。しっとりとしたスムーズな触り心地で、独特の艶消 しの光沢と色彩がインテリアに映えます。 カラーは、アーモンドとエクリュ、2色から選べます。

50周年記念モデル仕様の
シリアルナンバー

宮崎椅子製作所の家具には「永く使って頂きたい」という想いを込めて、定番商品にもひとつひとつにシリアルナンバーがついていますが、今回の限定モデルは50周年記念ロゴ入りの特別仕様のナンバリングプレートを装着してお届けします。


50周年記念モデル
全15アイテム





宮崎椅子製作所 創業50年の歩み

1969

創世記

#

1969 全国屈指の鏡台の産地・徳島県鳴門市にて宮崎高治が創業。
大手企業の下請けで鏡台用スツールや椅子を生産開始。

1986 現在の工場がある土地に移転し、株式会社宮崎椅子製作所を設立。

#
#

1993 宮崎勝弘が2代目代表取締役に就任。

2000

成長期

2000 家具デザイナー村澤一晃氏と小泉誠氏を中心に 自社ブランドの椅子作りを開始。

#
#

2001 デザイナーとワークショップ方式で開発した オリジナルデザインの椅子第一号「MM chair」「KK chair」を発表。 年に1度の展覧会出展を開始。

#

2002 「ENNE」が初めてグッドデザイン賞を受賞。 以降、多くの製品が国内外でデザイン賞を受賞。

2003 業務委託による椅子の下請け製造を打ち切る。 デザイナーとオリジナル製品の開発に弛まず取り組む。

#

2004

確立期

2004 会社の運命を変える「pepe」の誕生。
「R+R」がグッドデザイン賞中小企業庁長官賞受賞。

#
#

2005 「ORI」「pepe」がグッドデザイン賞受賞。

#

2006 「kuku」がグッドデザイン賞受賞。

2007 「Bon」「pocket」がグッドデザイン賞受賞。

#
#

2008 「sansa stool」「ottimo」がグッドデザイン賞受賞。
「No.42」「Paper Knife sofa」「Universe dining table」を カイ・クリスチャンセン氏と共に復刻生産開始。

2009 「UU chair」「rib」がグッドデザイン賞受賞。 JETRO日本貿易振興機構に有望な事業として認可される。 経済産業省より「元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる。

#
#

2010 「GINA」がグッドデザイン賞中小企業庁長官賞受賞。

2011 「DC09」が iFアワード金賞受賞。 「KAKI no ISU」がグッドデザイン賞受賞。
「UNI-Senior(#4110)」復刻生産開始。

#

2012

挑戦期

#

2012 椅子の本場ヨーロッパで力だめしを行うため フォーリサローネ・ミラノに初出展(以降毎年出展)。

#

2013 「DC10」がアジアデザイン賞銀賞受賞。

2014 「bo chair」がグッドデザイン賞BEST 100選出。
「HANDY」復刻生産開始。

#
#

2015 「LUNA」がグッドデザイン賞受賞。

2017 「UNI-Master」「UNI-stool」「UNI-Rest」復刻生産開始。

#
#

2018 「bo chair」がAデザインアワード銅賞受賞。
「UNI-Rest High」復刻生産開始。

2019 創業50周年。 ICFF(ニューヨーク国際現代家具見本市)に初出展。

#

2021

新提案期

#

2021 創業50周年記念特別仕様モデル15アイテムを発表。