- プロダクトストーリー -新素材と新技術を追求して生まれたデザイン

すっきりとしたシンプルなフォルムが身体を包み込むイームズシェルチェア。

デザイナー、チャールズ&レイ・イームズ夫妻は、プラスチックが身体の曲線にフィットするオーガニック(有機的)なシートシェルを作ることができる素材だと確信しました。

1948年ニューヨーク近代美術館が開催したローコスト家具デザイン国際コンペのためにデザインされ、1950年にハーマンミラーによって製品化されたイームズシェルチェアは、第2次世界大戦中に開発されたプラスチック成型技術により、大量生産が可能となった初めてのプラスチック製の椅子となりました。

発表当初のデザインをそのまま守りながら、現在はより環境負荷の少ない素材や製造過程を取り入れています。 また、ベースやシェルのタイプ、カラーバリエーションもより豊富になりました。

快適性と耐久性を兼ね備えたイームズシェルチェアは、単なるアクセントという存在を超え、家庭、オフィス、図書館、美術館などあらゆる場所で優れた機能を発揮します。

- シンプリティを極めたオーガニック・フォルム -

イームズ夫妻が追求したのは、素材の特性をありのままに表現したデザイン。
時代を超えてなお斬新で質の高いデザインは、今もさまざまな空間で「すわり心地のよい椅子」として親しまれています。

- 多様な場所にマッチする不朽のデザイン -

イームズシェルチェアは、最初にデザインされた1948年当時と同様、現在でも広く愛されています。

不朽のデザイン、そして快適な座り心地と耐久性という高度な品質を兼ね備えたこのチェアは、ホールやカフェテリアのような広い場所に積み重ねたり並べたりするのも、自宅や図書館、会議室などに一つだけ置いてみるのにもぴったりです。

良いデザインはいつまでも価値を失わず、あらゆる人が共有できるものです。
オフィス、会議室、待合室、そして自宅の居間やキッチンや子ども部屋でもその存在感を発揮しています。

- 飽きのこない快適性 -

チャールズ&レイ・イームズは、快適性は外観と同じくらい重要であるという強い信念を抱いていました。
イームズシェルチェアは、まさに快適な椅子です。

シェルの背もたれは柔軟性があり、腰を落ち着けるシートポケットは十分な深さを備え、シート手前のフロントエッジは緩やかに下向きにカーブしているので、長時間快適に座り続けられます。

- 環境への配慮 -

良いデザインは不変です。しかしハーマンミラーの環境への取り組みは、時代とともに製造工程へ力強く反映されるようになりました。

1950年に製品化したイームズシェルチェアの当初の素材は、再資源化できないガラス繊維強化プラスチック(FRP)が使用されていましたが、その後の製造技術や素材の進歩によって、現在のシェルチェアは、100%リサイクル可能なポリプロピレンで製造され、より環境に配慮した製品になっています。

- デザイナー紹介 -


チャールズ&レイ・イームズ夫妻

  • ポテトチップのように見える椅子。
    1塁手の遣い込んだミットに似た椅子、
    波型のフォールディング・スクリーン……。

冒険心をたっぷりと持つチャールズ&レイ・イームズ夫妻は、好奇心と果てしない熱情を創作に注ぎ、夫婦によるすばらしいデザインチームを作りました。
夫婦ならではの共同作業によって、家具が新たな展開を見せることとなりました。
すっきりとして現代的で、遊び心と機能性を備え、洗練されていてシンプルで美しい。
それが昔も今も「イームズ」らしさなのです。

夫妻のスタイルと、ハーマンミラーとの関係は成形合板で制作したチェアを1940年代後半に発表したことに始まります。そのなかには、ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品にもなったイームズラウンジチェアが含まれています。

チャールズ&レイ・イームズは、どのプロジェクトも一貫したプロセスですすめることによって、大成功をおさめました。
これは人の興味をそそる刺激的なものだろうか?もっと素敵なものにできないか?
それをすると「真剣に楽しい」だろうか?

二人は、アートと科学、デザインと建築、プロセスと製品、スタイルと機能を結合させる仕事を好みました。「細部は単なる細部にとどまりません。それはプロダクトを構成する要素なのです」とチャールズは言いました。
イームズ夫妻ならではの独自のコンセプトは、一夜にしてできるものではなく、時間をかけてはぐくまれるものでした。チャールズは、プライウッドのチェア開発についてこう述べています。
「直観のひらめきでした、30年かかってひらめいたのです」

夫妻に関して言えば、あるものができれば次のものができるというふうでした。夫妻はプライウッドで革命的な作品を生みだしましたが、それがきっかけでファイバーグラス素材の座面を開発しました。
雑誌社の主宰のよるコンテストでは、非常に革新的なケース・スタディ・ハウスを製作しました。
夫妻は写真が好きで映画制作に乗り出し、1959年にはモスクワ博覧会映像展で、友人で同僚でもあるバックミンスター・フラーが設計したドームで、7つのスクリーンに映写をしています。

グラフィックデザインからショールームのデザインが生まれ、玩具集めは玩具の制作へと発展しました。
さらに友人の映画監督ビリー・ワイルダーからの依頼で有名なチェイスのデザインが生まれた。

- ブランド紹介 -


ハーマンミラーの歴史は、1923年、D.J.デプリーと彼の義父のハーマン・ミラーがミシガン州ジーランドのスター・ファニチャー・カンパニーを買い取ったことに始まります。1920年代のハーマンミラーは、伝統様式の家具を製造する会社でしたが、1931年D.J.デプリーは、コンテポラリーデザインの家具が、ライフスタイルが変化した消費者のニーズを満たすことに目を向け、ハーマンミラーの方向性は大きく変わります。

この「問題を解決するためのデザイン」というアプローチは、ハーマンミラーの歴史の中で非常に重要な役割を果たします。D.J.デプリーは、会社を率いた30年の間に、ハーマンミラーを家庭向けの小さな家具メーカーから家庭・オフィスの両方を対象としたコンテンポラリーデザイン家具のリーダーとして広く知られる会社に成長させました。

D.J.デプリーは、製品の質とビジネスに完璧さを追求し、その結果、ギルバート・ローディ、ジョージ・ネルソン、チャールズ&レイ・イームズ、アレキサンダー・ジラード、イサム・ノグチといったその時にもっとも活躍していたデザイナー達とのパートナー関係を積極的に築いていきます。小さな家具メーカーでありながら、 1950年代の初めには、ハーマンミラーはモダンデザインの家具メーカーとして世界的にその名を知られるようになったのです。

- シェルとベースのバリエーション -

●ビジョンに合わせた選択

さまざまな色、脚部をはじめ、イームズシェルチェアには多数の選択肢があり、目的や場所に合わせて好きなように組み合わせることができます。
脚部は4本脚のもの、ロッキングチェアタイプのもの、“エッフェルベース”と呼ばれるワイヤータイプなどがあり、積み重ねたり、まとめて並べたりすることができるタイプもあります。
シェルの形は、サイドチェアと、アームチェアのタイプが用意されています。

●シェルのバリエーション

●ベースのバリエーション

各ベースの詳細は下記で説明をしております。

●アームシェルチェア

各ベースの詳細は下記で説明をしております。

●ベース詳細

■ワイヤーベース ワイヤーベース(通称:エッフェルベース)は、スチールロッド構造とスペーサーに関する数々の研究から生まれました。安定性と耐久性をさらに高め、長期のハードな使用に耐えうるベースを目指して、ハーマンミラーは長年にわたり改良に取り組んでいます。

■スタッキングベース 年とともに、サイドチェアはあらゆるチェアの中でも大いに注目を集めるようになりました。
例えばある日は数多くのチェアが必要で、翌日はまったく必要ない、といった広いスペースでのニーズが高まったのです。こうした実用的なチェアを簡単に移動・連結できるよう、スタッキングベースが開発されました。家庭でも、必要なときには予備の椅子として役立ち、必要のないときには簡単に収納できます。

■4レッグベース 発売当初の4レッグベースはX型で、2本のスチールロッドが交差してシェルを支えていました。
その後、スチールロッドを分離してより安定させたH型に変わりました。
安定性と耐久性をさらに高め、長期のハードな使用に耐えうるベースを目指して、ハーマンミラーは長年にわたり改良に取り組んでいます。

■ダウェルベース ダウェルベースの原型は、おそらくチャールズ・イームズと建築家エーロ・サーリネンが生み出したオーガニック・チェアという名のチェアを起源としています。
この作品もまた、1940年のMoMA主催のコンペ「住宅家具のオーガニックデザイン(Organic Design in Home Furnishing)」向けに作られたものです。
ダウェルレッグと呼ばれる木製の4本脚付きチェアで、シェルの形はシェルチェアと似ていますが、ファブリックのカバー付きであった点が異なっていました。

■ロッカーベース ロッカーベースはアームチェアの発売当初に3タイプあったベースのうちの一つであり、無垢のメープル材でつくられたロッカーがワイヤー製の支柱に取り付けられています。ハーマンミラーでは、子どもが生まれた社員にこのチェアが贈られています。

●シェルカラーのバリエーション

サイドチェア、アームチェアともにシェルの色は、ブラック、レッド、ホワイト、アクアスカイ、スパローの各14カラー展開(2014年現在)。 カラーは素材に練り込んであるため、長年にわたって使用しても色が褪せることもありません。
新鮮な組み合わせを自由に選んでください。

- 保証について -

  • 当店はハーマンミラー正規販売店です。
    どうぞ安心してご購入ください。
    万一、保証期間内に取扱説明書等に従って、
    正常な使用状態で使用して故障した場合は当店までご連絡下さい。