宮崎椅子製作所 とは? 特徴から携わっているデザイナーまでご紹介

宮崎椅子製作所 とは? 特徴から携わっているデザイナーまでご紹介

 

こんにちは、FELICE オンラインストアです。

今回は当店でもご来店のお客様で注目が多い宮崎椅子製作所のことについて書いていきたいと思います。

お名前は聞いたことがある、でもどのような椅子を作られているのか、特徴はどんなものがあるのか、などをご説明したいと思います。

宮崎椅子製作所とは 
 

 

宮崎椅子製作所の最大の特徴は「オリジナルデザインの製品づくり」に取り組む、木の椅子専門の家具メーカーです。

創業は1969年に日本の四国の徳島です。
地場産品である「阿波鏡台」で技術を培い、2000年から自社ブランドの椅子づくりを開始したメーカーとなります。
そもそも女性の化粧や身支度に欠かせなかった鏡台は当時「女の魂」とまでいわれ、嫁入り道具の一つとして家庭に備えられていました。
そして徳島の「阿波鏡台」は明治期に始まり、全国首位を争う産地にまで発展していきました。

その技術を駆使して制作した椅子が宮崎椅子製作所の誕生と言われております。

【宮崎椅子製作所のモノづくりの根幹は、「技術」と「デザイン」を一体にすること】

宮崎椅子製作所では国内・海外の有力デザイナーと職人が現場で手を動かし、一緒に考えるワークショップ方式でデザイン開発を行っています。

代表的なデザイナー

・村澤一晃



・小泉誠



・カイ・クリスチャンセン



・イノダ+スバイエ



・クリスチャン・ヴェデル



・吉永圭史

 

宮崎椅子の特徴

 

一つ一つのデザインされた椅子には木工の種類や作り手の思い等々があり、とても奥深い家具が沢山揃っています。
特にその背景には様々なこだわりがあり、そちらをいくつかご紹介いたします。

1、ほとんどの製品は多数のアイテム・多樹種・さらにはセミオーダーでつくる。

80種類を超える製品アイテムについて、樹種は7~8種類、張り地は60種類以上から、好きなものをお選びいただけます。樹種はウォールナット、ナラ、ブラックチェリーなど多種類の良質の木材を取り揃えています。張り地はこちらでご用意しているものに加え、ユーザーお持ち込みのファブリックを使って世界に一つだけの椅子をつくることもできます。

2、実直な手仕事と、精密なマシン加工。

「最適なつくり方を探求する」というのをマインドとしてあり、昔ながらの工具とともに、先端機械の正確さや合理性を取り入れてモノづくりに活かしています。

3、デザインパートナーとの共同開発。

「デザインと品質の両立」。それが宮崎椅子の製品開発における重要なテーマでもあります。
デザイナーと職人たちは、徳島にある宮崎椅子製作所の工場で現物を目の前にして、デザインはもとより、座り心地や手触りを確かめながら製品開発を行っています。

 まとめ

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

宮崎椅子製作所の初めて知るという方も是非とも今後の家具選びにお役立てくださいませ。

当店では試座や実際の商品を手にとってみることもできますので、ご希望の方はお問い合わせください。

 

 宮崎椅子製作所の商品一覧はこちら

コラム一覧に戻る