マルニ60 でミナペルホネン(minä perhonen) の生地を使ってお洒落に!

マルニ60 でミナペルホネン(minä perhonen) の生地を使ってお洒落に!

こんにちは、FELICEオンラインスタッフです。

今回はミナ ペルホネンで、さらにマルニ60のソファをカッコ良く、可愛くする方法をご案内いたします。

張地でお困りの方などは是非とも参考になって頂ければ幸いです。

マルニ60とはどのようなブランドなのか?

広島県の老舗家具メーカー『マルニ木工』が、1960年代のロングライフ製品を復刻生産する「60VISION(ロクマルビジョン)」に参加して立ち上げた新ブランドです。

1928年の創業以来、「工芸の工業化」をモットーにいち早く近代化を達成し、高品質な 家具の普及に努めてきたマルニ。日本の洋家具の歴史はマルニから始まった、と言っても過言ではありません。

そのマルニから2006年、60VISIONというパートナーを得、創業当時の熱い想いを胸に『マルニ60(ロクマル)』は誕生しました。当時のデザインはそのままに、現代の 環境に合わせてより良い製品に仕上がっています。

 

ミナ ペルホネン(minä perhonen)とは?

ミナ ペルホネン(minä perhonen)は、1995年、デザイナーである皆川明により、自身のファッションブランドとして、ミナ(minä )を立ち上げたところから始まります。自宅兼アトリエでスタートさせ、2000年に東京、白金台に直営店をオープン、2003年にはブランド名をミナ ペルホネンに改名しました。
オリジナルの図案によるファブリックを作るところから服作りを進め、国内外の生地産地と連携、素材開発や技術開発にも精力的に取り組んでいます。

ブランド名の由来は、デザイナーが北欧への旅を重ねる中で、そのライフスタイルやカルチャーに共鳴し、フィンランドの言葉から取った

「minä」=「私」 「perhonen」=「ちょうちょ」 を意味する言葉となります。 

 ミナペルホネン特集はこちら
ミナ ペルホネン(minä perhonen)の生地一覧もございます。

 

ミナペルホネンを使ったマルニ60のご紹介

過去の【納品事例】から一部ご紹介いたします。
その他の【納品事例】はオンラインショップの「WORKS」でご覧頂けます。

【納品事例】

マルニ60
デルタチェア

 生地:minä perhonen dop tambourine #7679(グレー)
ラウンドテーブル80


こちらの
デルタチェアは、1961年にファーストモデルが発売され、1978年にリモデル、そして2017年にマルニ60のラインナップとして復刻しました。

発売開始当時のモデルが「オールドデルタ」とも呼ばれ、ユーズド市場で人気を博すなど、復刻が待ち望まれていた製品です。

コンパクトなデルタチェアは非常に軽量で、ちょっとキッチンで腰をかけたり、ちょっと天気の良い日にべランダに出したりと、女性でも片手で持ち運びが可能。ついついお気に入りの場所に連れて行きたくなるような愛らしいデザインです。

 

【納品事例】

マルニ60
フレームチェア2シーター/オーク材/通常幅/ローバック
 張地:minä perhonen dop tambourine #7679(グレー)

1960年代に作られたマルニ商品をもとに開発したロングライフデザインの家具シリーズ 「マルニ60」 に、ファッションブランド「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」の経年変化を楽しめるインテリアファブリック「dopタンバリン」の張地をセレクト。

こちらのカラーは表面グレーですが裏面がブルーになっており、異なる色のモールスキンで織られているもので、使い込むうちに摩擦で表面の糸が擦り減り、裏面の色が現れてくるという特性を持ちます。

モールスキンは裏表を起毛するように織られているため、優しく温かみのある手触りに。フリーハンドで描かれた円のデザインは自然な揺らぎがあり、不規則ゆえの魅力があり、人間味、温かさ、自然、生命力を連想させ、言葉では表現しきれない心地良さがあります。

長い年月をかけて摩擦で表面の糸が擦り減り、裏面の色が現れてくるという特別な経年変化をお楽しみください!
日頃から接するものだからこそ、愛着を持って使い続けていただけるものを選んで欲しいと思います。

【納品事例】

マルニ60
フレームチェア3シーター/オーク材/通常幅/ローバック
 生地:minä perhonen dop tambourine #7673(オリーブ)


マルニ60のオークフレーム
に、秋らしいミナ ペルホネン -dop- タンバリンのオリーブ(#7673 )カラーを合わせた3シーター。

背・座ともにたっぷりとフェザーを使用されており、ふっくらとしたデザインが愛らしいです。

体を預けるとフェザーの背クッションに優しく包まれる安心感があり、掛け心地は抜群です。
オークフレームの優しい木肌とオリーブカラーが良く似合います。
ご自身のお好きなお色を、お好きな場所にお選び頂ける『マルニ60 × minaperhonen』です。

ーーーーーーーーーーーーーーー
FELICEでは毎年「マルニフェア」を開催いたします。
マルニ60でお選び頂ける4色以外の「minä perhonen dop tambourine(ミナ ペルホネン -dop- タンバリン)」全色がお選び頂ける企画です。

前回期間:2023.11.3 - 2024.1.14
詳しくはイベントのお知らせをご覧ください!

まとめ

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

FELICEリアルショップにて生地サンプルなどをご用意いたしております。
神戸店、姫路店ともマルニ60のクッションの展示が多数ございます。組み合わせ、他社ブランドとのコーディネートのご相談などお気軽にお問合せ下さい。

 神戸店のご予約はこちら
 店舗紹介はこちら

 

FELICEでは「これでいい」ではなく「これがいい」と思って頂ける家具選びのお手伝いをさせていただきます。

 ミナペルホネン生地特集はこちら
 マルニ60の商品一覧はこちら

コラム一覧に戻る