商品情報にスキップ
1 4
281013BC

Artek(アルテック)ドムスチェア バーチ/チェリー(数量限定 特別仕様)

Artek(アルテック)ドムスチェア バーチ/チェリー(数量限定 特別仕様)

  • Artek(アルテック)
  • Artek(アルテック)チェア
  • Artek(アルテック)ドムスチェア
  • Ilmari Tapiovaara(イルマリ・タピオヴァーラ)
  • point-2
  • スタッキングチェア
  • ダイニングチェア
  • チェア
  • 北欧
  • 正規販売店
  • 送料無料
通常価格 ¥121,000(税込)
通常価格 SALE価格 ¥121,000(税込)
SALE お問合せ下さい
獲得ポイント pt
ポイントについて

配送について

ご注文後のお取り寄せになる為、1週間~10日程度のお時間を頂きます。
※国内在庫欠品中の場合は、入荷までにお時間をいただく場合がございます。

素材について

本体:バーチ材(ナチュラルラッカー)
背座:チェリー材(ハニーステイン)

備考

メーカー2年保証
完成品出荷(組立不要)
フェルトグライド付
スタッキン可能(最大4脚)
奥行 高さ
580mm 540mm 790mm
座面高さ 肘高さ
445mm 660mm
「ドムス チェア バーチ / チェリー」は、日本でも馴染みが深い桜の木・チェリー材とフィンランド産バーチ材を使用し、2種の木材を掛け合わせた「木と木の対話 - Wooden Conversations」を体現する特別版ドムスチェアです。

数量限定製品のドムスチェアバーチ/チェリーは、ドムスチェアの中で、「ブロンド バーチ」とも称される明るい色の滑らかなバーチ材のフレームと、温かみある色合いの活き活きとした木目模様のチェリー材を座席と背もたれに使用した特別版です。バーチ材のフレームは、アアルトテーブルや、バーチ材を用いた「69 チェア」・「66 チェア」などのアルテック製品とコーディネートしても自然に馴染み、さらに木目の味わいが空間のアクセントになります。ドムスチェアバーチ/チェリーは、限られたアルテック取り扱い店舗のみで発売する数量限定製品です。

近代的な家具デザインの名作とも称される「ドムス チェア」は、イルマリ・タピオヴァーラにより、ヘルシンキの学生寮「ドムス アカデミカ」のためにデザインされました。高い評価を受けた「ドムス チェア」は、フィンランドを代表する椅子として「フィンチェア」という愛称でも呼ばれるようになります。三次元に曲線を描く、人の身体に沿った座面など、長期間座っても疲れにくく、心地良く過ごせるデザインを追及しています。特徴的な小さめの肘掛けは、肘置きとしての役割をきちんと果たしながら、テーブルに椅子を引き寄せやすいように考慮されています。1946年に誕生した「ドムス チェア」は、今もなお、世界中で愛され続けています。
詳細を表示する

BRAND

アルテック

Artek

アルテック

1935年、建築家アルヴァ・アアルトら4人の若者によってフィンランドで設立。北欧モダンを代表するブランドとして、家具はもちろん、インテリア雑貨、ファブリック、文具まで、ライフスタイルのあらゆる場面で広く親しまれる。 フィンランド産の木材を活用するため、アアルト特有のL-leg(エルレッグ)という曲げ技法を開発。安定した品質での大量供給を可能とし、Stool 60をはじめとする名作家具を次々と輩出してきた。シンプルで洗練されたフォルムの家具は用途・場所を選ばず、本国フィンランドではあちらこちらでArtekの家具を目にすることができる。今やその評判は海を越え、“世界の定番”としてグローバルに評価を高め続けている。 「Artek」は、「Art」と「Technology」を掛け合わせた造語。芸術は技術を取り入れることで機能的になり、技術は芸術を取り入れることで洗練されたものになるというコンセプトがそのまま名前に宿っている。

DESIGNER

イルマリ・タピオヴァーラ

Ilmari Tapiovaara

イルマリ・タピオヴァーラ

フィンランドのハメーンリンナに生まれ、ヘルシンキの大学ではアートと家具デザインを専攻したイルマリ・タピオヴァーラ(1914 - 1999)。パリでル・コルビュジエの事務所に務め、1938年、彼はヘルシンキの北にあるラハティの大手家具メーカーのアートディレクターに就任します。戦争後、人々のより良い暮らしのために、タピオヴァーラは量産可能な家具の開発に注力するようになり、1946年に妻アンニッキとともに手掛けたドムスアカデミカのプロジェクトを成功に導いたことで、一躍その名を広め、代表作となる<ドムス チェア>が生まれました。イルマリ・タピオヴァーラの活動は、いつの時代も社会のニーズに適切に対応した「人々のためのデザイン」という考え方に根ざしていました。戦中戦後の厳しい環境のなかで、民衆が本当に必要とする有効なものづくりを実直に目指したタピオヴァーラの精神は、時代や地域の差異を超えて、いまでも世界中の人々の心に響き渡ります。

カリモク60

マルニ60

宮崎椅子製作所