商品情報にスキップ
1 17
SD461_5130

MAGIS(マジス) Chair_one(チェアワン)

MAGIS(マジス) Chair_one(チェアワン)

  • Konstantin Grcic(コンスタンチン・グルチッチ)
  • MAGIS
  • MAGIS(マジス)
  • point-2
  • チェア
  • 正規販売店
  • 送料無料
通常価格 ¥83,600(税込)
通常価格 SALE価格 ¥83,600(税込)
SALE お問合せ下さい
獲得ポイント pt
ポイントについて

配送について

■納期
店頭に在庫がある場合、ご決済完了後の即日出荷が可能。
在庫が無くお取り寄せが必要な場合、約2週間~4ヶ月程度のお時間を頂きます。その場合、ご注文後に当店よりご連絡させていただき、お客様に納期のご了承を頂いてからの商品手配とさせて頂きます。

※お急ぎの場合やご希望納期がございます場合は個別に確認いたしますので、ご注文前にお気軽にご相談下さい。

素材について

座:ダイキャストアルミニウム(ポリエステルパウダー塗装)
脚:アルミ脚(アルミアルマイト仕上) / 塗装脚(ポリエステルパウダー塗装)

備考

メーカー1年保証
屋外使用可能
スタッキング(重ね置き)8脚まで可能
奥行 高さ 座面高さ
550mm 590mm 820mm 450mm

Chair Oneは、名匠 Konstantin Grcic(コンスタンチン・グルチッチ)の代表的な作品です。三角形をモジュールに立体的に形成されたムダのない斬新なデザインが印象的。
立体的な構造は椅子本体の強度を高めるだけでなく、視認性を良くすることで空気のように馴染みます。
その性能の高さから東京駅構内でも数百脚採用されています。

2003年ブループリント賞(100%デザインロンドン)
2004年コンパッソドーロ賞ノミネート
2005年オデルツォデザイン賞
2006年ドイツ・デザイン賞受賞
2004年にコンパッソドーロコレクション(ミラノ)、2007年にヴィトリア&アルバート美術館(ロンドン)のパーマネントコレクションに選定。

三角形をモジュールに立体的に形成されたムダのないデザイン。耐久性にも優れ、屋外でも使用可能。

どんな空間でもスタイリッシュに演出する唯一無二の椅子です。

MAGIS(マジス)のコンセプト

「本当に良いデザインとは、日常の中で使われないものである」
日常の製品にこそ、優れたデザインを

何世紀にもわたって、クラフトマンシップと創造性が育まれてきたイタリアヴェネット州の小さな町モ・ディ・リヴェンツァに誕生したマジス。 1976年の創業以来、新しい発想、それぞれのデザインがする意図的もの、思いついた「とりあえず無きデザインとは、あらゆるものから自由でなくてもいけない」という信念の下、未来を見据えたデザインを発信し続けました。

Magisとは、ラテン語で「もっと」という意味です。
現状を肯定的に捉えつつも、その現状に満足せずに常に高い見を目指す姿勢を表しています。

世界70ヶ国へ発信されるその斬新な製品は、世界で数々の賞を受賞したコレクションし、ニューヨーク現代美術館やパリ国立近代美術館など、世界のミュージアムで常設に選ばれています。

詳細を表示する

BRAND

マジス

MAGIS

マジス

MAGIS(マジス)は、イタリアに本社を置くデザイナーズ家具・家庭用品ブランド。 1976年の創業以来、「日常の製品にこそ、優れたデザインを」をテーマに、最先端の技術とデザインを日常の製品に取り入れ、インテリアデザインに新しい変化を与える商品を世界市場に送り込んできました。 MAGISとはラテン語で「more and more(さらに、そして、さらに)」と いう意味で、現状を肯定的にとらえ、しかしその現状に満足せずに、さらにそこから成長していこうとするMAGIS社の姿勢を表しています。世界70ヶ国へ発信されるその斬新な製品は、世界で数々の賞を受賞し、ニューヨーク現代美術館やパリ国立近代美術館など、世界のミュージアムでパーマネントコレクションに選ばれています。

DESIGNER

コンスタンチン・グルチッチ

Konstantin Grcic

コンスタンチン・グルチッチ

ドーセットにあるJohn Makepeace Schoolで家具職人として修行を積んだ後、ロンドンのRoyal College of Artに入学。 1991年、自身の事務所Konstantin Grcic Industrial Design (KGID) をミュンヘンに設立し、現在に至るまでプロダクト、家具、照明など多岐にわたるデザインと開発を手掛けています。 開発されるプロダクトの多くが国際的なデザイン賞を受賞し、作品はニューヨークのMoMAやパリのポンピドゥセンターなどの美術館に所蔵。また、多くの展覧会の空間構成も手掛け、 2009年ロンドンのサーペンタインギャラリーの展示”DESIGN REAL”、2010年Saint-Etienne Design Biennaleの展示”COMFORT”、同年ローマのIstituto Svizzeroでは”black2”、そして2012年には第13回ヴェネチアビエンナーレのGerman Pavilionの展示デザインも担当しています。

カリモク60

マルニ60

宮崎椅子製作所